2019年11月18日

【一人暮らしの金欠対策】毎月の生活費が足りない!そんな時はこうしよう。

皆さんは、生活費が足りなくて困ったことはありませんか?今月使いすぎた、急な出費が重なったなど…。今回は、生活費が足りなくなったときにおすすめの解決策をご紹介していきます!

一人暮らししている方も、これから始める方も参考にしてみてくださいね♪

生活費がピンチなときはこれをしよう


生活費が足りなくなったときの参考にしてみてくださいね!

1.まずは、出費を抑えよう!

生活費が足りなくなる原因の1つとして無駄な出費があるということです。毎月の携帯料金や、有料アプリ、課金など無駄に使っているものはありませんか?1~2万円でも削れるものは削ると生活がだいぶ楽になりますよ。

まずは毎月何にいくら使っているのかを把握してみましょう。そして無駄なものがあればカットしてみてください。

2.不用品を売る

お部屋の中に使わなかった不用品はありませんか?本やDVD、着物やブランド品、家具など使わなくなったら不用品として売りましょう。捨てるよりもお金になりますので生活費の足しになりますよ。

不用品については下記記事をご覧ください。

3.ポイ活をしてみる

スマホさえあればできるポイ活が人気を集めています!ポイ活とは、ポイントサイトを活用してお得に貯めていく活動のことです。毎日コツコツと貯めていくだけ結構貯まります。貯めたポイントは現金に変えることができるので、いざ金欠!のときはかなり助かりますよ。

こまめに換金するよりもある程度貯まってから換金するほうがポイ活のモチベーションも保てるので貯まりやすいです。これから一人暮らしする予定がある人は是非活用してみてください。

おすすめはこちらの→「モッピー」です!頑張れば、結構稼げます。稼ぎ方は下記記事を参考にしてみてください。

4.とにかく収入を増やす

無駄なものは使っていないのに生活費が足りないのであれば、バイトや副業をして収入を増やしましょう。毎月3~5万円でもプラスされると生活に少し余裕ができます。

副業については下記記事を参考にしてみてください。

5.カードローンはどう?

カードローンでお金を借金する人がいますが安易に借りることは個人的にはおすすめしません。緊急の時でどうしてもお金が必要な時以外は手を出さないようにしましょう。

生活費が足りないからといって安易に借りてたら、毎月の借金返済がキツくなりますよ。払えなくなればCICなどのブラックリストなどに載りますので借りる方は計画的に借りましょう。親に借りれる人はカードローンではなく親から借りましょう!

6.古着や100円ショップを活用する

金欠で生活用品が買えない人は、ダイソーなどの100円ショップを活用しましょう。食器やタオルなど生活に必要なものは100均で十分です。また服が買えない人は、古着屋にいくことをおすすめします。1000円以下でも結構いい服が買えますよ。ユニクロやGU、しまむらなんかでもいいと思います!

お金に余裕ができるまではお金がかからない方法で揃えましょう!

金欠になる原因は?


金欠になる原因は、収入以上にお金を使うことです。そうならないためにも、毎月掛かる出費を計算して計画通りに使うことです。家賃、食費、光熱費等など生活するのに最低限必要な金額を計算しましょう。そして毎月の収入から生活費を差し引いて残りの余った金額分が使えるお金になります。

使える金額が少ない人は、無駄な生活費を削り、収入を増やす努力をしましょう。そうすればある程度余裕がある生活を送ることができます。

生活水準は上げないこと


お金があるからといって贅沢をしてしまうと生活水準が下げれなくなります。そうなると、浪費のために借金をしたり大変なことになります。お金があるときは将来のことを考えて貯蓄したりしておきましょう。貯金がある程度あるといざというときは心強いです。

ムダ使いの癖がある人は今のうちから浪費癖を改善しましょう。

おわりに

一人暮らしする家賃などの支払いもあってどうしても金欠気味になります。いざ!というときにお金を蓄えておけば安心ですよね。余裕があるうちに今から金欠対策をしていきましょう!

↓こちらもよく読まれています♪

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

riri

riri

美容に関する資格も多数取得。ピュアラモでは、美容・インテリア・ライフスタイル中心に執筆します。よろしくお願いいたします。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧