2019年10月30日

今月家賃が払えない方必見!今すぐ引越しするべき?家賃滞納の対処法

賃貸にお住まいの皆さんは、一度や二度、家賃が払えなくて困ったことはありませんか?家賃の滞納が続けば保証会社から取り立ての電話が来たり、保証人の方に請求がいくことに…

家賃は滞納しないためにも計画的なお金のやり繰りが必要です。

今回は、家賃が払えなくなった時の対処法を考えていきたいと思います。これから一人暮らしする方も参考にしてみてくださいね!

毎月の家賃を遅れないようにするには


貯金もなく毎月ギリギリの生活を送ってる人ほど家賃が払えなくなるリスクが高いです。ちょっとした出費が重なるだけで家賃を払えるお金がなくなるからです。

家賃を遅れないようにするためには、家賃×6ヶ月分を前もって用意することです。例えば月5万円の家賃であれば、5万×6=30万円。30万円は使わずに用意しておくと安心です。仮に仕事ができなくなり収入が無くなっても、家賃を払える金額は残りますので滞納になることはありません。

計画的に余裕を持ったお金の使い方をすれば、よほどのことがない限り、家賃が払えないという事態に陥ることはなくなりますよ。家賃の3~6ヶ月分は最低でも持っておきましょう!

家賃が払えない時の対処法


家賃が払えなくなった時の対処法をご紹介していきます。もし家賃が払えなくなりそうな人は参考にしてみてくださいね!

1.親に借りる

ほとんどの人は、親が保証人になっている場合が多いです。どのみち家賃を滞納していたら、保証人の方が払わないといけなくなります。ですので家賃が払えない状況を正直に伝えて親から借りるのが一番安心です。

家族であれば利子なども付かないので無理のない返済ができますね!

2.消費者金融から借りる

消費者金融から借りるのは最終手段にしましょう。安易に手を出すことはおすすめできません。きちんと返済ができる人であれば借りても問題ありません。注意する点は、毎月の返済が遅れたりすると、信用情報に傷が付きブラックリストに追加される可能性もあります。

一度ブラックになると今後クレジットカードや住宅ローンなどの審査に通らなくなります。もし利用する人は、返済が絶対に遅れないように計画的に借りるようにしましょう。

3.解約を検討する

今後の収入の見込みが厳しかったり、家賃が払える自信がない人は今お住まいの賃貸を思いきって解約しましょう。払えないのに住んでしまうと、家賃の滞納金額がどんどん膨らんで、後々大変なことになります。

お金がかからない実家に戻るなどして出直しましょう!

4.大家さんに相談する

大家さんに直接相談が出来る人は、大家さんに今の状況を話して相談してみるのも良いと思います。私も以前家賃を滞納したときに、大家さんに相談したら少しだけ待ってもらえました。家賃を払う意思があるというのを見せれば、少し遅れても大目にみてくれると思います。

5.収入を増やす

手取りが少ない人は収入を増やしましょう。副業ができる人は副業をしてみたり、掛け持ちでバイトしたりできる限りのことをしましょう。スマホで稼げるお小遣いサイトもおすすめです。こちらの→「モッピー」であれば数万円なら頑張ればすぐに稼げます。少しでも家賃の支払いの足しになるのでおすすめですよ。

定期的にやればどんどんポイントが貯まるので、試してみる価値はありますよ。稼ぎ方は下記記事をお読みください!

6.不用品を売る

お家にいらなくなったものはありませんか?本やCD、着物など意外と捨てようと思ったものがお金になったりします。そこで不用品を売ってお金にしましょう。

不用品の売り方は、下記記事を参考にしてみてください。

家賃は無理のない金額で


無理して収入に見合わない高い賃貸を借りようとしていませんか?家賃は、月収の3分の1までがよいと言われています。月12万円を稼ぐ人であれば家賃は月4万円くらいが理想です。

家賃は住んでいる限り毎月支払うものなので無理のない金額に設定することが大切ですよ。家賃が高いお家に住みたい人は、まずは収入を上げる努力をしていきましょう!

おわりに

一人暮らしの時は家賃の支払いが大変ですよね。私も一人暮らしを始めた頃は毎月の家賃の支払いがしんどかったです。計画的にお金のやり繰りをしないと払えなくなる事態に陥るので前もって対策をしましょう!

もしどうしても払えそうにないなら、解約を検討してみてはいかがでしょう。

↓こちらもよく読まれています♡

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

riri

riri

美容に関する資格も多数取得。ピュアラモでは、美容・インテリア・ライフスタイル中心に執筆します。よろしくお願いいたします。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧