2018年12月25日

【災害時に役立つ】これを持っておくと便利!女性向け防災グッズ15選。

いざという時の備えに防災グッズは必需品ですよね。昨今では非常用セットなども簡単に通販などで手に入るようになりました。しかし、その中には一般的な必需品は入っていても女性がどうしても欲しいという物が入っていないケースが多いもの。もしもの備えとして女性ならいつでも防災グッズを用意しておきましょう。

避難所生活でも女性らしく生きられるように必要な災害時に役立つ女性向けの防災グッズを15個ご紹介していきます。

スポンサーリンク

1.携帯用トイレ

もしも場合に備えて非常用トイレは必要です。避難所に避難できればいいですが、災害時には家に閉じ込められるケースもあります。また、水や電気が通っているとは限りません。そのため、非常用のトイレは持っておくと安心です。BOSは他社メーカーと比較しても防臭効果が抜群。そして、安心の防臭袋、凝固剤、汚物入れの3点セットで女性にも安心です。

2. アルミブランケット

アルミブラケットももしもの際にはあると便利。保温タイプだけではなく暑さからも守れるタイプがおすすめです。そしてもしも避難所生活になる場合に備えて、できるだけ静音効果の高いものを選ぶようにしましょう。通常のアルミタイプはカサカサ音が気になってしまいがち。このオレンジタイプのブランケットは静音効果も抜群です。

3. 懐中電灯

ラー式の懐中電灯を一つ持っておくといいでしょう。電池式や充電式よりも防災グッズとしては適切です。万が一に備えて電池も常備しておくようにしてください。より明るさをもたせて虫除け効果もあるLEDタイプがおすすめ。

4.救急セット

コンパクトながらに内容が充実している救急セットは必需品です。家族が怪我をしたときにも安心できるように備えておくようにしましょう。持ち運びができるようにできるだけコンパクトサイズがいいですよね。ホイッスルや懐中電灯も装備しているこちらなら災害時にも安心です。

5.浮き輪

意外に忘れがちなのが救急救命浮き輪です。地震の際には津波の心配もありますし、昨今では水害も多いですよね。万が一の水害に備えて防災グッズの中には浮き輪や救急救命胴衣を入れておくと安心です。泳げない女性でも万が一には役に立つでしょう。

6. アイマスク・耳栓・エアー枕

避難所生活になった場合には、安心して眠ることができません。少しでも休めるように快眠グッズがあると安心です。エアー枕やアイマスク、耳栓がセットになったものが一つあれば女性には使いやすいですよね。

7.ヘルメット

災害時にはヘルメットは必需品です。とはいえ女性にはヘルメットは抵抗があるでしょう。できるだけシンプルなタイプなら恥ずかしさもないかもしれません。そして女性の大事な髪の毛を守るためにも防タレ付きがおすすめです。万が一の火災の際にも安心して利用できます。頭の大きさに合わせてサイズを調節できるのも嬉しいポイント!

8. アルコールジェル

手を洗う場合にも水が必要ないアルコールジェルは災害時に役立ちます。このタイプは、軽い怪我の消毒としても利用できますし、インフルエンザを含めたウイルス除菌にも役立つタイプ。避難所の便座クリーナーとしても利用できますよ。

9. ドライシャンプー

災害時にはお風呂には入れるとは限りません。ドライシャンプーを用意しておければ女性には安心です。防災リュックなどにはドライシャンプーが常備されていないことが多いもの。単品でリュックに追加することをおすすめします。

10.ふくだけ洗顔

災害時には洗顔も不便になるでしょう。ふくだけ洗顔が一本あれば重宝します。洗顔+化粧水が配合されているタイプなら、肌荒れを防いで清潔さも保ってくれます。いろんなメーカーから販売されていますが、防災に備えたタイプならプチプラで機能性バッチリなこのタイプがおすすめ。もしもメイクしているならふくだけメイク落としの後に利用するようにしましょう。この商品にはメイク落としの成分は配合されていません。

11. 使い捨て下着

高級な下着を防災用に常備していくこともできませんよね。災害時には洗濯もできない可能性があります。とはいっても、女性なら洋服の着替えがなくても最低限下着は変えておきたいもの。災害時に備えて使い捨ての下着を用意しておくといいでしょう。紙パンツタイプよりもコットンタイプの使い捨ての方が肌触りがよくておすすめです。

12. ラジオランタン

防災グッズの定番のラジオランタンは持っていても嬉しいように少しデザイン製のあるものはいかが?避難所でも明るい気持ちになれるかもしれません。もしも家に缶詰になってもランタンがあれば安心です。ラジオで災害の状況も確認できて安心できるでしょう。ソーラーパネルがついているため、通電していなくても大丈夫。モバイルバッテリーとしても利用できます。

13.モバイルバッテリー

ソーラー充電式のモバイルバッテリーが一つあると便利です。災害時にはスマホが命綱なケースもあるでしょう。充電を切らさないようにモバイルバッテリーは一つは用意してください。できればソーラー充電ができれば通電していなくても安心できます。

14. 布ナプキン

災害時にでも生理にはなってしまうもの。しかし、災害時にこまめにナプキンを変える余裕はないでしょう。そんなときに備えて布ナプキンを常備しておければ安心です。紙ナプキンよりも吸血効果が高い上に、かぶれやかゆみ、匂いが気になりません。柄も可愛いので評価が高い商品です。

15. 水や非常食

災害時の非常食は忘れないようにしましょう。できれば水やお湯が不要なタイプか、最初から水が付属しているタイプにしてください。食料は不可欠なものなので、高額でも7日分は確保しておいた方が安心です。

まとめ

いかがでしたか?女性だからこそ防災グッズは完璧に揃えておく必要があります。市販の防災リュックがあれば安心だとは過信せずに女性ならではの必要なものは揃えておくようにしましょう。だからといって、一つずつ揃えていては高額になってしまいます。

市販の防災リュックに不足しているものをチェックして必要なものを揃えるといいでしょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

angel1

angel1

3人の子供の母です。元ネットワークエンジニアで現在では、育児をしながらライティングのお仕事をしています。恋愛や夫婦関係、育児、ファッション関係のコラム記事が得意です。自身の経験で得意分野のコラムを書いていきたいと思います。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧