2019年5月7日

上京に掛かる費用は最低どのくらい?30万円くらい?実はこのくらい必要!

現在、上京をお考えの方は多いのではないでしょうか?「上京費用っていったいどのくらいかかるの?」「賃貸の初期費用は?」「30万くらいで足りるの?」などといった上京費用について悩んでいる方も多いと思います。そこで今回は、上京に掛かる費用についてまとめてみました♡

これから上京予定の人は参考にしてみてくださいね♪

上京費用は【50万円前後】が掛かる!


上京費用はだいたい50万円前後が掛かります。まずどんなものに掛かるのか内訳を見ていきましょう。

・部屋探しに掛かるお金(20~30万)

まず、上京するためにお部屋を借りなければいけません。例えば、月6万円の物件を借りる場合、敷金礼金や仲介手数料など全て合わせると初期費用は20万~30万円はかかると思います。敷金礼金ゼロもありますが、それでも20万円前後くらいはみておいたほうがいいと思います。余裕を持って30万円あると安心ですね。ただし家賃が高いところは初期費用だけで50万~80万くらい掛かるところもあります。

・東京までの交通費(2万円)

東京へ行くための交通費がかかりますね。片道分なら2万円あれば十分だと思います。交通費を少しでも安くしたい場合は、夜行バスが一番おすすめです。あとは、飛行機であればスカイマークを使えば安く行けます。スカイマークは早く予約することで安くなるので、福岡から東京まで1万円前後で行くことができるのでおすすめですよ。新幹線だと割と高めで、福岡から東京までだと2万円前後かかります。住んでいる地域にもよりますが、東京から遠いほど交通費が掛かります。

・引越しに掛かるお金(5万円)

荷物がある方は引っ越し費用も掛かってしまいます。自宅から東京までの距離と、荷物によって引っ越し費用が異なりますので、5万円前後をみておくとよいでしょう。引っ越しが安くしたい人は下記を参考にしてみてください。

・日用品や家具・家電(7万円)

最低限の家具・家電が必要になりますよね。洗濯機や冷蔵庫はないと困ります。自炊する方だと炊飯器や、レンジなども必要ですよね。冷蔵庫や洗濯機だけでも合わせて3万~5万はするので、日用品も合わせて揃えるなら6~7万円あるほうがいいと思います。家具・家電はレンタルサービスもあるので、お金ができるまではレンタルを利用するのも良いと思います。

・生活費用(月10万円)

上京後の生活費用ですね。家賃以外でも光熱費や水道費、携帯代、交際費、雑費、洋服代など合わせると月10万(節約すればもう少し抑えられます)は必要になります。できれば3か月分用意しておくと安心なのですが、すぐに働く予定の人は1カ月分でも良いと思います。

ざっくりですが、こうしてみると上京費用は約50万円前後は必要になりますね。上京の初期費用を抑えたい人は、初期費用10万円前後の物件も探せば結構あるので安い物件を中心に探してみるといいかもしれませんね!

個人的には【100万円】あると安心!


少ない資金で上京すると、お金がすぐになくなってバイトを探したりしなければいけませんので、余裕を持って上京したいなら100万円あると良いと思います。

初期費用が50万円だとして残り50万円は、3か月分の生活費と、家賃などに当てられますので、3ヶ月は働かなくてもいい計算です。上京後に体調崩して病院に掛かることもありますので、個人的には余裕持って100万円を用意しておくと何かと安心ですね。

上京して終わりではなく上京後がスタートなので東京で長くやっていく場合、長期的な計画を立てたほうが失敗しにくくなります。上京はしたものの、途中でお金が無くなって実家に戻ることになったケースもたくさんありますので。計画的にやりましょう♡

少しでも上京資金をおさえるには・・・


上京資金を少しでも抑えるには、下記の方法があります。

(1).賃貸の初期費用を抑える

賃貸の初期費用が何かと一番掛かります。家賃が安い=初期費用が安いというわけではありません。逆に家賃は高くても初期費用が安い物件もあります。安い賃貸物件を探す場合は、毎月の家賃+初期費用の概算を把握しましょう。

(2).引っ越し費用を抑える

次に掛かるのが引っ越し費用です。できれば段ボールだけでまとめられるくらいの荷物にして宅急便で送れば1~2万円で抑えることができます。引っ越し費用を抑えたい人は必要最低限のものだけにしましょう。家具家電は、お金が溜まってから引っ越し先で買うのがおすすめです。

(3).日用品・生活雑貨は100均などで揃える

お皿や、コップなどの日用品は100均などで揃えるとかなり安くなります。あと、布団なども最初は寝袋などにすると安く抑えられますよ。工夫して揃えてみましょう。

上記を工夫して抑えることができれば、上京資金が安くなりますよ♪

今からコツコツとお金を貯めよう♡


上京費用を少しでも今から貯めたい人は、バイトや副業などして今からコツコツと稼ぎましょう。学生さんの場合は、半分バイトで貯めて、残りは親に出してもらうという手もあります♪全額は無理でも、半金なら出してくれる可能性も十分ありますよ!

バイトが一番確実なんですが自宅できる副業もあります。副業については下記記事を参考にしてみてください♪

上京するなら余裕をもって♪

いかがでしたか?50万~100万円あれば東京で一人暮らしができます!友達とシェアハウスをして住む場合、もっと安く済むと思いますが普通に一人暮らしする場合はやはり50万円前後をみておいたほうがいいと思います。お金がない人は、今から少しずつ上京に向けて今からコツコツと貯めていきましょう♡

東京はとっても面白い街なのでお金をかけてでも行く価値はありますよ♪^^

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

riri

riri

美容に関する資格も多数取得。ピュアラモでは、美容・インテリア・ライフスタイル中心に執筆します。よろしくお願いいたします。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧