2017年4月10日

女度をアップさせるノースリーブ!着るときに気をつけたい6つのこと

これからの季節、徐々に半袖からノースリーブの洋服へ変更していく人も多いと思いますが、女性らしさをアップできるノースリーブを着るとき、同時に無防備度もアップします。

腕を見せるはずのノースリーブ着用時、うっかりミスで恥ずかしい思いをしないために、6つのことに気をつけましょう!ということで、ノースリーブ女子がこれからの季節、気をつける6つのこととは?

▼今だけ初月0円!!全身脱毛するならキレイモ♪▼
通常

1、ムダ毛処理

まずは一番気になることが、ムダ毛処理。ちょっぴり剃り残しがあって…なんて朝の時点で気がついてしまったら、その日一日、ずっと見えないようにそわそわすることになります。

念の為にカミソリを持ち歩く人も少ないですし、「誰も見てないだろうな」とは思っても(実際、誰も見ていなくても)気になってしまうものです。

永久脱毛している人はとくに問題ないと思いますが、毎回処理している人は、ノースリーブの季節は念入りに処理しなければなりません。

最近は、自宅でブラジリアンワックスができる手頃なキットが販売されていますから、痛いのを我慢して挑戦してみるのもいいかもしれません。私はこの夏、ブラジリアンワックスに挑戦します!

2、ワキの色

ムダ毛の処理をしたら、今度は気になるのがワキの色です。何事もない肌色の人はいいですが、処理の仕方によっては、青くなったり、黒ずんでしまう人もいます。

フェイス用のファンデーションを使う人もいますし、BBクリームを塗る人もいるそうです。また、制汗剤のパウダーで肌色のものを使う人も多いです。

制汗剤スプレーで白く色が出てしまう商品もあるので、白残りが気になる人は商品を吟味してから購入しましょう。

3、汗対策

ワキと言えば、汗です。制汗剤スプレーが主流だった時代もありますが、今は「塗る」タイプの制汗剤が多く見られます。中でも、クリームタイプの制汗剤の威力は強力です。

発汗そのものを抑えてくれる効果もあり、肌に密着することから、効果もあって持続時間も長いようです。あとは、こまめに休憩時間を使ってパウダーを塗り直すなどのケアを行えば、ある程度の汗や匂いを抑えることができると思います。

4、下着の色

ノースリーブ、ということで、下着がチラリと見えてしまうことや、白い洋服の場合、透けて見えるなどの失敗があるのがこれからの季節。

白い洋服には白い下着をつければ見えない」と思って購入する人も多いようですが、白い下着でも透けて見えてしまうことがあります。透けて見えない、という意味でおすすめの色はベージュです。

ベージュなんてダサい!」と思うかもしれませんが、いやらしい男性の視線を集めるよりなら、防御の意味でベージュを身につける方が賢い女性の選択と言えないでしょうか。

とくに夏の下着選びは「透けない」「飾りが少ない」「快適に過ごせるもの」ということで、実用性重視で選ぶようにしましょう。

5、二の腕の太さ

ノースリーブを着る女子を悩ませるのは、二の腕です。「私、二の腕が太いからノースリーブ着たくない!」という人もいるようですが、出してしまったほうがすっきり細く見えると言います。

あとは、いくらダイエットをしても筋力が落ちると脂肪は燃焼されませんから、今のうちからダンベルを使ってトレーニングしておくことをおすすめします。

6、肌のこと

ノースリーブということで、腕を露出させる分、日焼けのことや、シミ・そばかす対策も重要です。また、露出した肌にぽつぽつと吹き出物が出ている場合は、早急にケアした方がいいでしょう。

外出時に日焼け対策はもちろんしていると思いますが、もっと重要なのが帰宅後のケア。とくにこの時期は紫外線量が増えていますから、帰ってきたら顔面と同じくらいのケアが必要です。

ボディソープで洗う場合も、ごしごしこするのではなく、顔と同じく泡を使って優しく洗いましょう。クールダウンさせることはもちろん、顔に使っている美白化粧水や美容液なども塗ってあげましょう。

きれいな二の腕で女の魅力はアップします。折角ノースリーブを着るのですから、一番きれいな状態を見せたいはずです。ノースリーブで失敗をなくすためにも、以上6つのことに気をつけましょう。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

福永知世(ふくながちせ)

福永知世(ふくながちせ)

1983年青森市生まれ。作家、フリーライター、デザイナー。一児の母。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧