2016年11月16日

好きなことだけすればOK?!猫に学ぶ!いいオンナの作り方

あたたかい日は、1本の紐のようになって寝そべり、寒くなると、丸まって眠る猫たち。
呼んでも返事もしないくせに、さみしい時には身体をすりよせてきます。

こんな性悪な奴なんかお呼びじゃないよ! 出ておいき! と悪態をつきたくなるものの、なぜか、憎む気はなれません。
それどころか、生意気であればあるほど、ふしぎと愛おしくなってくる始末ですから・・・。

そんな高飛車なお猫さまたちに、ぜひとも愛される【いいオンナ】になる秘訣を学ぼうではありませんか!

スポンサーリンク

野生猫に学ぶ、スレンダーボディーの秘訣とは?

猫の最大の魅力は、たたずまいの美しさではないでしょうか。
とくに、野生の猫たちのスリムなボディーと、洗練された身のこなしには頭が下がります。

ご存知の通り猫は、肉食獣。
つまり、定期的に狩に行き食料を調達しなければ干上がってしまいます。
また、獲物を追いかけたり、ジャンプをしたり、ハンティングには高い身体能力が必要不可欠です。
つねに獲物を狙いをさだめアクティブに動きまわる生活は、エキサイティングで太っている暇がないのですね。
脂肪がつくと、動きが鈍くなり狩の成功率が下がってしまいますから。
また、身体をきれいに毛づくろいをしておくのも生きていくため。
獲物に、「なんか猫の匂いがする」と勘づかれて逃げられては、一貫の終わりです。そう考えると、猫の生き様は奥が深いですよね。

肉食女子とは、恋愛に積極的な女性の呼び方です。が、殿方を追いかけるのではなく、仕事に打ち込んでいたり、資格の取得や、趣味に一生懸命になっているなどと、何かに夢中になっていると女性は、眼の輝きが倍増していきます。

嫌いなことより、好きなものに熱中する、猫科のいいオンナを目指しませんか?

お座敷猫に学ぶ、愛され体質の作り方!

一方、人間を飼っていて・・・いいえ、人間と同居している猫は、野生猫にくらべると、鍛えられた肉体美はややひかえめです。
しかし、つい守ってあげたくなるような、思わず抱きしめたくなる魅力にあふれていますよね。

猫は、はるか9000年以上も前のキプロス島の遺跡より、人間とともに暮らしていたということが確認されています。
農耕がはじまり、家や作物を荒らすねずみを食べてくれるありがたい存在として、猫と人間の共同生活をはじめたのではないかと考えられています。

現代では、もぐらやねずみを退治してもらう必要はありませんが、猫のやわらかな被毛に触れたり、いっしょに寝ることで私たちは、ストレスの芽を摘んでもらっているのかもしれませんね。

言いつけをよく守るだけの従順な存在ではなく、高い場所からヒトを見下していたり、名前を呼ばれても知らんぷりという、その小憎たらしさが、また猫好きにとってはたまらない魅力なのです。
自分の主張をしながらも、相手のなわばりには入り過ぎない距離のとり方が上手なところは、猫に学ぶ愛され女子のポイントだといえるでしょう。

我慢して誰かに合わすのではなく、自分は自分だと割り切って、そんな自身を愛してもらえるような、いいオンナになりたいとおもいませんか?

野生猫からワイルドな美を、お座敷猫からは愛され体質になる生き方を、いいオンナになるための秘訣を、たっぷりとお猫さまたちから学びましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

有朋さやか

有朋さやか

新聞や雑誌の読者投稿を経て、ライターに転向。現在は、短歌を紹介するエッセイや、地球環境にまつわるコラムを、多数のメディアに寄稿しています。1982年生まれ。岡山県在住。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧