2019年3月19日

【危険がいっぱい!】女性の一人暮らしの防犯対策と防犯グッズ特集。

皆さんは防犯対策していますか?最近は物騒な事件も多く油断できませんよね…。ここでは、既に一人暮らしをしている人や、これから一人暮らしをしようとしている女性向けに、おすすめの防犯対策と防犯グッズをご紹介します。普段から意識して対策をしていればいざというときに役に立つと思いますので参考にしてみてください♪

下着泥棒対策:警戒レベル★★☆

女性の一人暮らしに意外と多いのが下着泥棒です。とくに一階に住んでいる人や、洗濯機がベランダにある人は注意が必要です。

≪対策≫

干しているのが女性だけの下着だとターゲットにされる傾向があるので、わざと男性の服を干してカモフラージュしましょう。住む階はできれば2階以上が理想なのですが、1階に住んでいる人は外から洗濯物が見えないように工夫したり、下着だけは室内にしか干さないようにするなどの対策をするとよいでしょう。女性の下着だけを干す=一人暮らししていると思われる可能性もあるので、警戒する意味でも室内に干すのが安全です。

≪おすすめアイテム≫

ハンガーの下部に取り付けられる洗濯ハンガー!ブラウス等でおおれば下着をカモフラージュできます。

泥棒・空き巣対策:警戒レベル★★★

泥棒や空き巣被害もゼロとは言い切れません。お部屋に侵入されるケースもあります。油断せずに普段から対策をしておきましょう。

≪対策≫

普段から扉と窓は必ず施錠しましょう。防犯フィルムを貼ったり、警報ブザーなどを付けて対策をすると安心です。賃貸の場合は、鍵が交換されてない場合も稀にあるので鍵が交換されているかを必ず確認しておきましょう。また補助錠を設置すると安心です。窓が割られるケースもあるので、不安な人は防犯フィルムを窓に貼っておきましょう。

≪おすすめアイテム≫

凸凹ガラス専用の防犯フィルムになります。これを窓に貼ると、ガラスの強度が高まるので焼き破り・打ち破りを困難にします。1階に住んでいる方は、窓を割って侵入されるケースもあるので必ず貼っておきましょう。

ALSOCのマークのシールです。これを窓に貼るだけで警戒します。貼らないよりかは貼ったほうが警戒するという意味では多少効果があります。

これがあるだけで安心感が違います。最新の防犯カメラです。防塵・防水性設計で耐久性もあります。不審者が出て気になる人はこの防犯カメラを使ってみてはいかがでしょう。

防犯ステッカーも貼っておくと警戒する意味では安心です。

窓やドアがあいたら大音量で警報アラームがなります。警戒している人は念のため付けておきましょう。

不審者・押し入り対策:警戒レベル★★★

不審者が一番厄介です。とくに女性の一人暮らしは警戒が必要です。

≪対策≫

知らない人や不審な人が自宅を訪ねてくるケースもあります。知らない人は警戒しつつ対応しましょう。いきなり玄関を開けるのではなく、インターフォン、またはドアスコープで相手と要件を確認しましょう。少しでも不審だと感じたら、警察や管理人に相談しましょう。メーターの調査や、隣人の荷物の預かり、マンション管理会社の関係者、宅急便等を使ってくるケースもありますので注意が必要です。下記サイトが参考になりました。

参考サイト:長野県警察・被害から身を守るために(女性編)

≪おすすめアイテム≫

コンパクトサイズ用の防犯スプレーです。自宅でも外出先でも1つ持っておくといざというとき安心です。

LEDランプの寿命は最大10万時間!夜道を数100m先まで照らしてくれます。伸び縮みするのでいざというときの警棒代わりにも!災害時などにも活躍するので1つ持っておくと心強いです。

LEDライト付きの大音量防犯アラームです。いざというとき、大音量のアラームを鳴らせます。

手のひらサイズで超軽量!いざというときは、護身用品になります。携帯しておくと安心です。

ストーカー対策:警戒レベル★★☆

女性の一人暮らしを狙ったストーカーも多いです。ストーカーに狙われないように普段から対策をしておきましょう。

≪対策≫

表札にフルネームを書くのは辞めましょう。表札から住んでいる人の特徴を掴む人もいます。どうしても表札に書かないといけない場合は、苗字だけがベスト。郵便も狙われやすいので、鍵をかけておくことをおすすめします。SNSなどから住所を特定する人もいますので、SNSでは住所が特定されるような投稿や写真は控えましょう。また、ゴミを出す時に気をつけることは、個人情が掲載されているものは裁断して出すようにしましょう。

≪おすすめアイテム≫

ゴミを出す前に、個人情報が書いている公共料金や封筒などは、このシュレッダーを使って裁断しましょう。クロスカットで情報を守るので心です。

外からの、のぞき見防止を防ぎます。使い方も簡単で玄関ドアのドアスコープに貼りつけるだけ。

盗聴対策:警戒レベル★★☆

TVでよく盗聴器発見の番組がありますよね。最近、不審なことがある人は盗聴されている可能性もゼロではありません。お部屋に知らないコンセントや物などはありませんか?もしかすると盗聴器かもしれませんよ。

≪対策≫

盗聴器を仕掛ける人は自宅によく入る身近な人であるケースもあります。一人暮らしのお部屋には知っている人でも頻繁に入れないようにしましょう。気になる人は、盗聴器発見グッズを使ったり、専門の業者に調べてもらうと安心です。

≪おすすめアイテム≫

Amazonでもレビュー評価の高い盗聴盗撮の電波検知器です。コスパもよくて保証書付きで安心。使い方も簡単ですので盗聴されているか気になる人は使ってみてください。

自分で探すのが不安な方は、盗聴器発見のプロに頼みましょう!その中でもこちらの業者は人気で信頼できるプロなので悩んでいる方は相談してみてはいかがでしょう。

番外編!害虫対策:警戒レベル★★★

一人暮らししていると、ゴキブリやムカデなどの害虫と必ずといっていいほど遭遇します。一人暮らしだと害虫の駆除も一人でしなければいけません。そこで対策をご紹介します。

≪対策≫

ゴキブリが部屋に入ってくるのを徹底的に防ぎましょう。主な侵入口として、玄関やベランダ、窓、小さな隙間、天井裏、洗面台の小さい穴などから部屋に侵入してきます。侵入口を防ぐことでゴキブリが自宅に入る可能性が少なくなります。あとは、食品・食器を放置したり、生ごみやキッチンの食べかすなどをそのままにしておくと、そこにゴキブリがやってきます。日頃から清潔にしておきましょう。

≪おすすめアイテム≫

Amazonベストセラー1位の人気商品。レビュー評価も高いです。実際に私も使っていますが、これを気になる場所におくだけでゴキブリが出る確率が減りました。ゴキ対策に必須のアイテムです。

ゴキブリと遭遇したら、これを使いましょう!これを吹きかけるだけで、ゴキブリの動きを瞬時に止めてくれます。いざというときに1つ持っておくと安心です。

ムカデやゲジゲジ、ヤスデ、クロアリ、シロアリ、ケムシ、クモなどにはこのスプレーが効きます!こちらも害虫対策として1つ持っておくとよいですよ。

◎お部屋を選ぶときの注意点

 
これから一人暮らしをする方へ、お部屋を選ぶときの注意点をご紹介します!

(1)治安が悪い地域を避ける

治安が悪い地域だと犯罪率も高くなります。引っ越し先の治安情報をネットで収集しましょう「街名+治安」で調べると出てきます。

(2)事故物件でないか調べる

事故物件の場合、心霊現象などに悩まされることもあります。事前に自己物件ではないか確認しましょう。家賃が相場よりも極端に安い所は注意です。下記サイト「大島てる」では事故物件を検索できます。

大島てる CAVEAT EMPTOR: 事故物件公示サイト

(3)夜道が暗くないか下見する

借りる物件が駅から遠かったりする場合、帰り道が暗くないか、その周辺に酔っ払いや痴漢が出没しないかを調べておきましょう。できるだけ夜道が暗い道は避けるべきです。駅から遠くなればなるほどリスクが高くなります。

(4)オートロックだと安心

防犯の意味では、オートロック付きのマンションだと安心です。誰かが来てもモニターで確認できますし、玄関へたどり着くまでの敷居が高くなります。

(5)2階以上が理想

1階だとどうしても防犯的な意味で不安になりますので、出来る限り2階以上の住まいを選びましょう。ただし3階でも空き巣被害が多発しているので2階以上だからといって油断は禁物です。

(6)不安な人は女性専用(限定)マンションを選ぶ

住んでいる住民が女性だけだと安心ですよね。女性限定マンションはのメリットは、セキュリティに強いこと!オートロックや、二重施錠、防犯カメラなどのセキュリティが整っている物件が多いんです。学生のマンションだと、24時間常駐管理人が監視しているので安心です。逆にデメリットは、男性を家に呼べないこと。彼氏を家に呼んだり、同棲することはできません。

(7)隣人に変な人がいないかも注意する

最近は、隣人や下の階の人が狙ってくるケースも稀にあります。5階なのに下着を盗まれた人もいて、犯人は隣のマンションの男だったそう。隣人ではなく、隣のマンションに住んでいる男ですよ。ゾッとしますよね。ですので、隣人に不審な人がいないかも確認しておくとよいでしょう。

みんなの一人暮らし恐怖体験

 
ピュアラモSNSで一人暮らしの恐怖体験を募集したところ、たくさんの回答がきましたのでご紹介します!

ベッドの下から・・・
読者さん
網戸にして一晩寝たら次の日ベッドの下からムカデが出てきました。
夏に網戸で寝ていたら
読者さん
夏に網戸で寝ていたらベランダに男の人が立っていました。その人はすぐに逃げました。網戸を開けて寝るのは危険ですね。
不審者に…
読者さん
不審者に家の近くで襲われそうになった!夜の不審者は怖いです。
マンションの5階なのに
読者さん
今住んでいるところは、マンションの5階なのに下着泥棒にはいられました!(隣のマンションが近く物干し竿で盗まれる瞬間と鉢合わせ)
追いかけまわされた!
読者さん
自宅近くのマンションで知らないバイクに追い掛け回されて怖かったです。相手はヘルメットをかぶっていて、顔はわかりませんでしたが。体格的に男性だと思います。
不動産者に
読者さん
不動産屋さんの社員が合鍵を使って不法侵入していたこと。
同じ住民にストーカー
読者さん
同じ住民にストーカーされて、私の部屋の除き窓を壊して鍵を開けようとしてきました。恐怖でした・・・。
覗かれた!
読者さん
1階に住んでいるんですが、お風呂あがって、ふとベランダのほうを見ると知らない男が覗いていたんです。気持ち悪くてそれからはずっとカーテンを閉めています。
家の目の前で後ろから・・・
読者さん
自宅の目の前で後ろから男性に抱き着かれて怖い思いをしましたね。それから自宅に入る時は必ず警戒するようにしています。
ゴミを漁られる!
読者さん
アパート共同のご捨て場で毎回わたしのごみだけ漁られていることがありました。
声掛け
読者さん
歩いている後ろをついてこられて、声を掛けられたことが何回かありました。知らない人の声掛けは怖いですね。夜は危険なのでスルーしています。
玄関の扉を
読者さん
鍵がかかってたからよかったものの、夜に突然玄関の扉を勢いよく誰かに開けられそうになりました。あれは怖かったですね。
金縛りによくあう
読者さん
私の家は気が良くないというか、心霊体験が多いんです。夜寝てると金縛りにあったり、誰もいないのに椅子が倒れたり。お墓も近くにあるので、近いうちに引っ越す予定です。住んでいるところが事故物件かどうか確認したほうがよいですよ。
同じ住民にストーカー
読者さん
同じ住民の男性にストーカーをされて、私の部屋の除き窓を壊して鍵を開けようとしてきました。あれは恐怖でしたね・・・。
隣に外国人が引っ越してきて
読者さん
隣に外国の男性が引っ越してきて、ずっと私の玄関にお菓子を置いていくんですよね。次の日も次の日もドアの前に置いていくんですよ。引っ越しの挨拶なのかもしれませんが恐怖でしたね。気持ちはありがたいんですが、知らない人からもらうお菓子ってなんだか気持ち悪くて食べずに捨ててしまいました。今時、隣人にお菓子を配る人っているんですね。
下の階に住んでいるおばさんが
読者さん
下の階に住んでいるおばさんが20分くらい「家にいれてよぉ~」とドアの前に居座っていたこと。思い出すだけでもゾッとしてトラウマです。
虫が大量に出て困っています
読者さん
私の家は公園の目の前にあり、飲食店が近くにたくさんあるのでとにかく虫が出ます!Gなんて一度に5匹くらい出てきたときは恐怖でした。それだけではなく、色んな虫が入ってきます。虫が出ないマンションへ引越したいです。対策しても出てくるので困っています!
夜中にドアノブを回される
読者さん
オートロックではないアパートに住んでいるんですが、夜中にドアノブをガチャガチャ回されることがよくあります。隣人が間違えてるんだと思いますが、夜中に回されると怖いです。オートロック付きの物件に早く引っ越したい。
ゴキブリが出てきて・・・
読者さん
ゴキブリが出てきてスプレーかけたけど怖くて取れなくて一晩中眠れませんでした(泣)
1階は危険!
読者さん
昔1階に住んでいたんですが、よく下着が盗まれました。油断してると毎回なくなって困っていました。それからマンションを選ぶときは3階以上にの建物にしています。それからは一度もないです。1階だと被害率が高くなりますよね。
オートロック、二重鍵をしていても
読者さん
オートロック、二重鍵をしていても侵入されました。一体どうしたら…
オートロックでも気をつけたほうがいい
読者さん
朝6時にインターホンなって、モニターみたら知らないおばさんがエントランスで仁王立ちしてました。そのまま無視したら何度も鳴らされてほんとに怖かったです。後から聞いた話、マンションの全部の部屋にやってるみたいでした。あと、オートロックなのに、急にダイレクトに部屋のインターホンなったこともありました。それも無視していたら、ドアをドンドン叩かれて、血の気がひいたこと覚えてます💦翌日管理人さんに相談したら、住人に紛れて入り込んできた新聞の勧誘だよと言われましたが、そんなこともあるのかとびっくりしました。オートロックでも気をつけたほうがいいですね。

おわりに

女性の一人暮らしの防犯対策をご紹介しました。とくに女性の場合だと狙われやすい傾向にありますので普段から警戒しておくことで、いざというときは安心ですよ。また、女性の一人暮らしをしている感を出さないようにすることも大切です。少しでも参考になれば幸いです!

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

riri

riri

美容に関する資格も多数取得。ピュアラモでは、美容・インテリア・ライフスタイル中心に執筆します。よろしくお願いいたします。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧