2019年5月27日

【専門家監修】スタイルにも影響あり?!夜はナイトブラをして寝よう♡

美バストを保つには、若いうちからのケアがとても大切!「まだ若いから大丈夫!」と、バストケアを怠っていると、いつの間にか垂れてハリがなくなっていた…なんてことも?!
個人差はありますが、バストは20代から徐々ハリがなくなり、中には垂れはじめてくる人もいます。その原因の一つは日常の習慣。そう、お顔同様にケア次第で大きな差が出てきてしまいます。
そこで今回は、若いうちから見直すべき習慣とナイトブラの必要性等、美バスト保つ秘訣をご紹介いたします。

▼今なら初月の脱毛料金が無料!ハンド脱毛体験も◎▼KIREIMO -キレイモ-

こんな習慣がバストのたるみの原因に…

画像提供:@__new.01

・体系に合っていないブラジャーをしていませんか
・面倒だからと日々ノーブラで過ごしていませんか
・猫背で姿勢が悪いといわれませんか
・ダイエットで痩せてリバウンドして…を繰り返していませんか
・ノーブラでうつ伏せ寝 横向き寝をしていませんか
・強いマッサージや激しい運動をしていませんか

一つでも当てはまった人は、バストを垂れやすくしているので要注意!

どうしてバストが垂れてしまうの???

画像提供:@yukii061

バストは「脂肪」「乳腺」「クーパー靱帯」で構成されています。そのうちの9割は脂肪ですが、そのバストをクーパー靱帯が支えています。このクーパー靱帯は、コラーゲンを主成分とした繊維状の束です。この束が伸びたり切れたりすると、二度と元には戻らないのです。ただしクーパー靱帯は伸びたり切れたりしても、自覚症状はないので、気づきません。このようなことから、若いうちからの正しいバストケアが、いかに重要なのがわかりますね。

ナイトブラってつけた方がいいの?

画像提供:@miiannnnn

寝ている間は、無意識に寝返りをうっていますよね。その度にバストはあちらこちらと向きを変えて伸び動いてしまっています。ですから、寝ている間もブラジャーをして支えてあげることが大切。
ただし日常生活でつけているブラジャーでは、役割が異なっていて構造も変わってくるので、締め付けの少ないナイトブラをセレクトしてみて!
ナイトブラは、バストの脂肪がワキや背中に流れてしまわないようにキープする役割も果たしてくれます。しかしサイズが合っていないと、質のよい睡眠がとれず、美容と健康には逆効果になってしまうのでご注意ください。
通気性がよくお肌に優しい素材で、締め付け過ぎないものをセレクトしてみて。

ピュアラモおススメのナイトブラ

♡ tu-hacci ツーハッチ ナイトブラ

デザインも可愛くカラーも豊富。厚めのパットと前ホックが、バストの流れをしっかり予防してくれます。カチッとしたつくり見えますが、付け心地は柔らかめで快適です。

♡ ノンワイヤーブラジャー

寝ているときの横流れや上流れ等、様々なバストの向きに対応してくれるので、横向き寝にもぴったりフィットしサポート。ワコールの商品開発を経ているので、安心して着用できそうですね。

他にも美バストを保つための習慣をCHECK

画像提供:@chisato.0o

・下着のズレはNG
毎日着用するブラジャー。動作によってはズレることもありますよね。ズレっぱなしは美バストにNGです。1日数回、下着のズレを確認してみて!

・血行を良くする
血行不良は、美バストにも影響する恐れが…。血行が悪いとハリがなくなってしまうことも。バストが垂れる原因の一つです。女性は特に冷えが血行不良を引き起こすので、カラダを冷やさないことも大切。

・定期的なバストサイズのCHECK
サイズの合っていない下着は、美バストを保つための妨げになります。ブラジャーのサイズも体系とともに変わってくるので、SHOPで定期的なサイズのCHECKを心掛けてみて。

・大胸筋を鍛える
胸の土台となる大胸筋を鍛えてあげましょう。姿勢を正し、胸の前で両手を合わせて(肘は直角に曲げる)掌を押し合う方法は大胸筋を鍛える、最もポピュラーなトレーニング法です。1回20秒を1日数回行うだけで美バストにGOOD!

おわりに

ナイトブラは美バストを保つ秘訣のひとつ。垂れ防止にはおススメです。
垂れて手遅れになる前に、お顔同様にバストも若いうちから日々気遣ってあげましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

miyu ohmori

miyu ohmori

JAM認定アンチエイジングアドバイザー直伝、若いうちからやっておきたい美容&ダイエット法をピュアラモで教えちゃいます♡女性向け、男性向け、ライフ系サイトにも多数執筆中。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧