2018年10月12日

彼氏に嫌われたくない!そんな女性が心がけたいこと5つ♡

いつまでも愛され彼女でいたい。そう感じる女性は少なくありません。彼氏に嫌われることなくいつまでも仲の良いカップルでいるためにはどうしたらいいのでしょうか。

そのためにはいくつかの心がけがあります。ここでは、彼氏に嫌われたくない女性に向けて、心がけたいこと5つをご紹介します。

スポンサーリンク

1. 過度な束縛はやめよう!

 
彼氏に嫌われる行動とは、【過度な束縛行動】です。「今日は何しているの?」「お昼は何を食べるの?」などと彼氏の行動をいちいち監視するのはやめましょう。あなただって友人と遊びに行くときに、いちいち口うるさく行動をチェックされるのは不快ですよね。信頼関係あってのカップルです。過度な束縛は「信じてないのかな?」と彼氏に誤解されてしまいます。

束縛行動はほどほどに。会ったときに近況を聞けば済むことです。嫌われないためには彼氏の行動を気にしすぎないようにしましょう。

2. ヤキモチはほどほどに

 
女性のヤキモチには可愛いヤキモチとウザいヤキモチの2種類があります。どうしても嫉妬心が抑えられないなら、可愛いヤキモチ行動を心がけましょう。他の女性と仲良くする彼氏にヤキモチを焼くのは当然です。何の興味も示さない彼女は面白くはないもの。少しのヤキモチはカップルを長続きさせるエッセンスになります。そのための可愛いヤキモチ行動とはちょっぴり拗ねる行動です。

他の女性といる方が楽しそうに見えたから拗ねちゃうよ♡」などと可愛く伝えるのは問題ありません。むしろ「妬いてるのか。可愛いな。」と彼氏も感じてくれるはず。しかし、「さっきあの女と何話していたの?」「あのブス誰?」などと行動を監視し、相手を中傷するような行動は嫌われるヤキモチです。

ヤキモチはほどほどにして彼氏があなたを可愛いと感じられる言動を心がけましょう。

スポンサーリンク

3. 気持ちの押し付け行動を控えよう

 
やってしまいがちなのが一方的な気持ちの押し付け行動です。あなたがいくら彼氏のことが大好きだったとしても、「好きだから毎日会いに来て!」「好きだから愛してるって言って!」などとばかり彼氏に要求していては彼氏に嫌われるかもしれません。それは一方的な気持ちの押し付けであり、好きな心を表現しているものではありません。

気持ちを伝えたいなら押し付けるのではなく気遣いで愛を示しましょう。「忙しいみたいだからお弁当作ってきたよ」などと相手のことを考えた行動は喜ばれます。ただし、状況を見て行動してくださいね。友人がたくさんいるところで急にお弁当を渡されても迷惑です。彼氏の立場に立った行動を行うことを忘れないでください。

4. 全てを見せないこと!

 
いつまでの愛され彼女でいたいのなら、自分の全てを彼氏に見せるのはやめておきましょう。慣れてしまった彼女には彼氏も興味関心が薄れる一方です。いつまでも完全に手に入らないから男性は女性を追いかけます。全てを話し、見せたくなるのはわかりますが、それではいつかは彼氏に飽きられてしまう可能性があるでしょう。

例えば、LINEで会話している最中も「じゃぁね。明日は早いからもう寝るね」などとあなたからLINEをあっさり終えること。彼氏が「明日どうして早いの?」と聞いてきたとしても「ちょっと用事があるんだ」などと曖昧にごまかしてください。嘘をつく必要はありませんが、全てをさらけ出さないことも大切です。

5. いつまでも美しさを忘れない

 
彼氏に嫌われたくないなら、いつまでも美しさにはこだわりを持ってください。「彼氏がぽっちゃりが可愛いって言ったから…。」と自分に言い訳をしてプロポーションを維持しないのは間違いです。彼氏が本心を話しているとは限りません。ぽっちゃりが好きと言っておきながらスリムな美人と浮気をする可能性は否定できないのです。

恋人がいたとしても自分の美意識を高く保つことを忘れないでください。それが彼氏に嫌われないための秘訣です。いつまでも美しく恥じらいのある女性を男性は嫌ったりなどしません。彼氏の前では常に美しく、そして美しくない言動には恥じらいを見せることを心がけてください。

まとめ

彼氏に嫌われたくないなら男性が嫌がる行動を行わないことです。そして自分自身も愛される女性であり続ける努力をしてください。

そうすれば彼氏に嫌われることもなくいつまでも仲の良いカップルでいられるでしょう。5つの心がけを忘れないでくださいね♡

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

angel1

angel1

3人の子供の母です。元ネットワークエンジニアで現在では、育児をしながらライティングのお仕事をしています。恋愛や夫婦関係、育児、ファッション関係のコラム記事が得意です。自身の経験で得意分野のコラムを書いていきたいと思います。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧