2019年8月25日

アンダーヘアの自己処理におすすめ!ヒートカッターランキングBEST5

アンダーヘア(陰毛・アソコの毛)の処理がしやすいアイテムとして人気なのが、ヒートカッターです!

アンダーヘアの処理はカミソリなどで処理するとチクチクとした不快感が出ます。ヒートカッターの場合は、焼け切るので丸みを帯びた毛先になり処理後の不快感を最小限に抑えられるのが特徴です。

今回は、私自身が実際に使ってみてよかったヒートカッターを厳選してご紹介します!アンダーヘアのムダ毛処理にお悩みの方は参考にしてみてください♡

おすすめのヒートカッターはこちら♡

それでは、実際に使ってみてよかったおすすめのヒートカッターをランキング順に5つピックアップしていきます。ヒートカッター選びの参考になれば幸いです♪

おすすめのヒートカッターはこちら◎

1位.Vライントリマー

個人的に一番良かったのが「Vライントリマー&ジャムウハーバルソープ」。

これまで色々なヒートカッターを使ってきましたが、一番使いやすくVラインの処理はこれ1本で十分です。ヒートカッターって商品によっては仕上がりがチクチクするのが苦手だったんですが、このヒートカッターは、処理後の毛がチクチクしない(個人差はあります)のでかなりストレスが減りました。

ヒートカッター初心者の方でも扱いやすいと思います。ナチュラルに仕上がるし、なによりアンダーヘアが綺麗に整えられるので処理後も快適ですね。温度も二段階調整ができ、便利な充電式になっています。

レビューはこちら→「Vライントリマー」を実際に使ってみた感想♡

しかも臭いや黒ずみが気になる人にうれしい!ソープもセットになっています!ヒートカッターで迷っている人はまずはこちらを使ってみてください!コスパもよく口コミでも人気ですよ◎

>>Vライントリマーの購入はこちら

2位.Benow トリマー

ダブルコームのデザインで、皮膚との一定の距離を持つので火傷する可能性が極めて低いです。安全性も高く、どの年代でも利用できます。中学生や高校生の学生さんでもOK!

電池式で持ち運びやすく、出張や旅行先でも気軽に持って行けます。小さな鏡が付属しているので見えにくい箇所でもバッチり処理ができます◎

熱線で除毛するので、カットした毛先が丸くなるためちくちく感も気になりませんよ。

>>Benowの購入はこちら

3位.ラヴィア ボディケアシリーズ Vライントリマー

こちらのラヴィアVライントリマーは、クシの幅が広いので剛毛の人や毛量が多い人も楽にアンダーヘアを処理することができます。わりと綺麗にカットできるので見た目もよくなりますよ。ふわふわのかわいいポーチが付いています。

使いやすさに関しては個人的には普通です。価格が少し高めなのが残念です。

>>ラヴィア ボディケアシリーズの購入はこちら

4位.ラヴィア Vライントリマー ピンク

こちらもラヴィアのVライントリマーです。スイッチを押しながらカットするタイプになります。カットできる本数は少ないですが地道に整えていくため切りすぎの失敗を防いでくれる特徴があります。個人的な感想としては、個人差はありますが仕上がり後のチクチク感が気になりました。

5位.Funstant Vライントリマー

最後にご紹介するのはこちら。特徴としては少量ずつアンダーヘアを焼き切ってくれるので、一気にカットするのが苦手な人にもおすすめです。ヘッド部分は90°回転するので、細かい箇所も届きやすく丁寧に整えられます。使い心地に関しては普通です。見た目は値段のわりに少し安っぽい印象です。

ヒートカッターとは?メリット・デメリットは?

出典:Amazon

ヒートカッターは、ムダ毛を剃るのではなく200℃~300℃の電熱で毛先を焼き切って処理することができるアイテムです。毛を焼ききるので、毛先が丸くなるのが特徴的。仕上がりがジョリジョリした感触にならないのでちくちく感を抑えて、ナチュラルに仕上げることができます。

◎メリット

ヒートカッターは処理後のチクチクがない(個人差はあります)ことがメリットです。また肌への負担も少なく肌トラブルのリスクが少ないこと。このようにVラインの難しいムダ毛処理にはヒートカッターは便利なんです。

◎デメリット

デメリットは、剃ったときのようにツルツルにはなれません。ヒートカッターは毛先を焼き切るのであくまで毛先を短くして整えるものです。また、毛を焼く臭いがするのもデメリットで、脱毛の処理にも時間が掛かります。慣れないで使い方を間違えると火傷する可能性もあるので正しく使用しましょう。

ヒートカッターの使い方

Vライントリマー
ヒートカッターでキレイに処理する使い方をご紹介します。

1.処理前は清潔にする

ヒートカッターを使う前は、優しく洗浄してお肌とムダ毛を清潔にしましょう。ムダ毛が絡む人は、ブラッシングして切りやすい状態にするほうがお手入れが楽です。ヒートカッターの熱線から守るためにも肌を保温して潤しておきましょう。

2.一気には処理しない

一気に処理しようとする人も中にはいますが、ヒートカッターの場合は少量ずつ処理しましょう。1回に処理できる本数は5~10本ほど。
一気に処理しようとすると、肌に熱線が触れたりして火傷を負ってしまう危険や、本体に毛が挟まり処理ができなくなる可能性ももあるので注意しましょう。

3.見えにくい箇所は鏡を用意する

Iライン近くになってくるとムダ毛が見えにくくなるので、見えにくい部位は鏡を使用すると楽にできます。見えにくい箇所を処理する場合は、鏡を活用してください。

4.使用後は保温する

処理後はお肌が荒れるのを防ぐためにベイビーパウダーやボディーローションなどを使い保温しましょう。

5.ムダ毛は3cmほど残す

陰毛は何センチくらい切ればいいの?と悩む人もいると思いますが、3cmが理想の長さになります。これ以上短くするとチクチクの不快感が出るので切り過ぎには注意しましょう。

剛毛の人は処理後もちくちくする人も・・・

画像提供:@ymnmk0808

毛にも個人差があり、剛毛の人だとヒートカッターを使ってもチクチクとした不快感が取れない人も中にはいます。ヒートカッターで処理後の不快感が消えない人だとカミソリなどで剃ってももっとダメです。そういう人は、脱毛するという選択肢もあります。

これからヒットカッターを使う人は、まずは少量だけ処理を試してみて処理後の不快感がないか確かめてみましょう。

自己処理が不安な人は脱毛サロンがおすすめ

どうしても自己処理が苦手な人や、ちくちく感といった不快感が嫌な人は、脱毛サロンやクリニックでの脱毛処理がおすすめです。とくにVIOは自己処理では難しく面倒な部位になるので、脱毛サロンで処理する人が多くなってきています。

VIOにおすすめの脱毛サロンは下記を参考にしてみてください。

おわりに

おすすめのヒートカッターをピックアップしました!アンダーヘアの手入れはヒートカッターを使ってみてはいかがでしょう。初めてヒートカッターを使う人は火傷に注意して正しく安全に使ってくださいね◎

ちなみにヒートカッターの売っている場所は、ヨドバシやドンキなどでも手に入りますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

riri

riri

美容に関する資格も多数取得。ピュアラモでは、美容・インテリア・ライフスタイル中心に執筆します。よろしくお願いいたします。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧