2016年5月27日

ニキビが気になる人必見!ニキビの原因・対処・予防とは

白ニキビや赤ニキビ、ニキビ跡…。どれも目立って嫌なもの。化粧ノリも悪く、その日のテンションも下がります。ニキビはできてからじゃ遅い。

ニキビができないように、そしてできてしまっても正しく対処して跡が残らず綺麗に治るように…今回はニキビについての知識を紹介します。

▼全身脱毛33カ所 ⇒今だけ初月0円!!!▼
キャンペーンバナー

そもそもニキビはなぜできるのか?

pixta_16619545_m

まず肌には誰しも毛穴があり、その毛穴の奥には毛根を包んでいる毛包があります。その毛包に皮脂を分泌する皮脂腺があります。正常な肌なら毛穴の出口は開いているのですが、何らかの原因により角質が厚くなって毛穴の出口がふさがってしまいます。

毛穴がふさがることで皮脂がつまりアクネ菌が増え白ニキビとなります。そして毛穴の中で炎症が起きると赤く腫れてしまいます。これが赤ニキビです。この炎症が強すぎるとへこんで跡が残りクレーターのようになるそうです。

ニキビができる原因

pixta_25571274_m

原因としては様々です。

化粧を落とさずそのまま寝てしまうことによる汚れの放置。遅くまでメイクなど落とさずにいると雑菌繁殖や過酸化脂質(皮脂が酸化することでつくられる)によりニキビができてしまいます。クレンジングで汚れがしっかり落とせていないと、肌に汚れが残ってしまい、汚れの放置と同じようにニキビができてしまいます。

他にも皮脂の過剰分泌洗顔のし過ぎ(過剰な洗顔により乾燥してしまうと余計に皮脂が分泌される)による皮脂の汚れが原因のニキビ。

生理前によるニキビは、黄体ホルモン(プロゲステロン)により皮脂が多く分泌されてニキビができやすくなるのが原因です。

睡眠不足によるニキビは、しっかり睡眠をとらないと免疫力が低下してしまうことが原因です。

ニキビができたら

pixta_19301752_m

  • さわらない
  • つぶさない
  • 髪がふれないようにする

これ以上悪化しないよう、跡が残らないようにこれら3つを必ず守ってくだい。さわると雑菌が繁殖して悪化してしまいます。つぶすと化膿したり跡が残る可能性も高くなります。

ニキビは予防が大切!

pixta_16322618_m

ニキビはできてしまうと治すことが難しい…。ニキビができないように心がけることが大切なのです。

  • メイクをした日はクレンジングで汚れをしっかりオフ
  • 余分な皮脂を落とすため洗顔をする(洗顔のし過ぎは乾燥をまねくので×)
  • 抗炎症成分や殺菌作用、角質軟化作用などの成分が配合されたニキビ予防化粧品を使う
  • 睡眠をしっかりとって免疫力を低下させない
  • 保湿をしっかりおこないバリア機能を低下させない(脂性肌の方は乳液をつけすぎないように気を付ける)

ニキビがなかなか治らなった体験

pixta_25639827_m

私は鼻周りのニキビがなかなか治らなった時期がありました。抗炎症成分などが配合された化粧水や乳液などを使っても治りませんでした。

ある日私は口コミが良かったクレンジングオイルに変えたのですが、そのクレンジングオイルを使ってからニキビがだんだんと減っていったのです(抗炎症成分などの助けもあったと思います)。

今まで治らなかった原因はクレンジング不足で汚れが毛穴に詰まっていたことが原因だったみたいです。

ちなみに私のお気に入りのクレンジングオイルはFANCLさんのマイルドクレンジングオイル。これはこすらなくても綺麗におちるので肌にストレスがかからない優秀なクレンジングオイルです。

おわりに

いかがでしたか?ニキビができた原因を考えてそれに合ったケアをする必要があります。

そしてニキビができてしまう前に普段の予防が大切です。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

akane

akane

日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ・美容薬学検定1級・コスメマイスター・スキンケアマイスター合格、登録販売者取得。美容が大好きで幅広い範囲を勉強してます。薬学も勉強してましたので美容・薬学(登録販売者の範囲)・健康に関するコラムを発信していこうと思っております。よろしくお願いします!

他の記事も読む

関連するキーワード一覧