2017年3月21日

医学的にも認められている!? コラーゲンの効果。

普段よく耳にする、コラーゲンとは一体どのような物で、どんな効果があるのでしょうか??
コラーゲンは、タンパク質の一種で、私達の体を構成するのに重要な成分です。
細胞と細胞を結ぶ働きを持っていると言われています。

▼今だけ初月0円!!全身脱毛するならキレイモ♪▼
通常

コラーゲンは、カラダの骨格や筋肉が作られていく成長期にあわせ、どんどん増加し、ピークは20歳。

そこからは年々減少していきます。

肌では真皮層に網目のようにコラーゲンが張り巡らされ、肌のハリと弾力をキープしていますが、年齢とともに機能が落ちてしまい、シワやたるみなどの症状が現れてしまいます。

年齢とともに関節の痛みを訴える方が増える傾向にありますが、これはコラーゲンの生成が少なくなることで関節の軟骨がすり減ってしまうことが原因です。

私たちの皮膚は、大きく表皮と真皮に分けることができます。

表皮は一番外側に見えている角質層と、新しい皮膚の細胞を作る基底層からなりますが、基底層を支える役割を果たしているのが、その下に存在する真皮です。

この真皮部分の70%を占めているのが「コラーゲン」。表皮の保水力のカギを握っているのです。

加齢とともに減少してしまう「コラーゲン」を補給して、新陳代謝を活発にする事が美肌を保つ秘訣となります。

体内にあるコラーゲンの内、約40%が皮膚、約10~20%が骨・軟骨に存在しています。

コラーゲンは血管や内臓にも存在し、まさにカラダの基盤の役割を果たしているのです。
コラーゲンの役割は幅広く、肌のハリや弾力をつくる、関節をスムーズに動かす、骨を丈夫にする、血管のしなやかさを保つなど、さまざまな働きがあります。

その他にも、丈夫な爪や髪、筋肉、傷に対する治癒力、血圧や血糖値を調整するなど重要な役割を担っているのです。

消化吸収しやすいように、ゼラチンを細かく酵素分解したものが、「コラーゲンペプチド」。

分子量が小さいので水によく溶け、体への吸収性も高くなります。

最近の研究では、コラーゲンペプチドを骨・関節には1日10g(10,000mg)、肌には1日5g(5,000mg)を4週間以上摂取する事で肌の水分量の増加と、肌の弾力性が向上する効果があると認められています。

てすが、通常の食品にはコラーゲンペプチドはごくわずかしか含まれていません。

普段の食事から1日5~10gものコラーゲンペプチドを摂取するのは難しいと言われていますので、ドリンクやサプリなどで効果的に摂取しましょう。

コラーゲンをより効果的に体内に吸収するために欠かせないのが“ビタミンC”

コラーゲンは、ビタミンCの力がなければ完成せず、安定した強いコラーゲンを作り出すためにはビタミンCと一緒に摂取することが必要です。

ビタミンCは体内で生成することができないので、どうしても不足しがち。そこで、サプリメントで摂取することがおすすめです。

併用することで、より高い効果が期待できます。

また、ヒアルロン酸やエラスチンは、優れた保水力を持ち、コラーゲンとともに肌の内部からうるおいやハリを高めてくれます。

コラーゲンと一緒に摂取することで、お肌のみずみずしさが格段にアップします。

コラーゲンペプチドを摂取し、代謝をスムーズに進めるには、毎日カラダの細胞を活性化させる命令を出し続けることが必要です。

コラーゲンペプチドの摂取を毎日の習慣にすることが大切です。

わたしのオススメは、『アスタリフト ドリンク ピュアコラーゲン10000』です。

ーアスタリフトコラーゲンの主な成分ー

コラーゲンペプチド(魚由来)
10,000mg
ビタミンC 250mg
プロリン
200mg
リジン
160mg
オルニチン
70mg
カロリー47kcal

わずか30mLの小容量に、独自に開発した高純度の低分子コラーゲン「ピュアコラーゲン」10,000mgと、シジミに含まれる話題の美容成分オルニチン400mgを配合。

カラダのすみずみにキレイを届けます。さらにビタミンC、セラミドなどの美容成分もバランス良く配合し、トータル・コラーゲンケアをサポート。

毎晩、寝る前に欠かさず飲んでいます^^

継続していると、ぷるぷるとみずみずしいお肌への変化を実感して頂けると思います。

自信を持ってオススメします♡

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

chihiro

chihiro

タレント、グラビア経験を経て、身体の内側から綺麗になる為のトレーニングや日々のケア、努力を惜しまない美容マニア。良いと聞いた物は全て自身で試し、 “女性は歳を重ねる毎に綺麗になれる”をモットーにオーガニックなヘルシーライフを目指す。現在は、病院理事として、美容のプロデュースを行っている。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧