2016年11月8日

たった【ワンコイン】で、全身しっとり肌を冬中キープできる方法!

昼間はあたたかい日が続いていますが、朝と晩は、だいぶ冷え込んできました。

冬になると、お肌の乾燥が気になりますよね。
ストッキングを履く時に、かかとが硬くこわばっていて驚いたり、唇のシワが深くなったり、書類に触れる指先がささくれたり・・・・・・。

そんな静電気がおきそうなほどカサカサになった肌を、たったひと晩で、冬の間ずっとしっとり肌が続く秘訣を紹介しましょう!

スポンサーリンク

スキンケアは、白色ワセリンだけで完了!

はっきり言って、保湿用の化粧品を揃えるのは大変です。
なぜなら、ハンドクリーム、フットクリーム、ネイルオイルなど、パーツごとにアイテムがわかれているため、1つひとつは安価でも、まとめて買うとけっこうなお値段に。
そして、それらの化粧品を洗面所やドレッサーの前に置くと、けっこう場所をとりますから。

でも、顔面から足の先まで1本の保湿で終わるなら、部屋も気持ちもスッキリしませんか?

実は私、基礎化粧品は、全身あわせてたった1本のワセリンしか使用していません。それも、1年間に1度買うかどうかというほどのスローペースでしか購入していないのです。
にもかかわらず、乾燥によるかゆみや粉吹きはまったくなくて、むしろ色々な保湿化粧品を使用していた頃よりもずっと潤いました。

本当に、ワセリンだけでだいじょうぶ?

pixta_20453828_m

白色ワセリンは、全国各地のドラッグ・ストアで簡単に入手できます。
メーカーにもよりますが、50gで400円~600円とお手頃な価格が魅力的。

主成分は石油ですが、日本の精製技術は高く、長時間にわたって酸化しにくいのが特徴です。
外国製のワセリン(青い蓋の商品)には、精製度が低く黄色っぽいものがあり注意が必要ですが、日本薬局方と表示のある商品は、どれも厳しい基準をクリアしているので自信をもっておすすめできます。

高い安全性からワセリンは、皮膚科でもアトピー用化粧品として処方されたり、やけどの治療に使われたりするなど、専門家の間でも重宝されています。
ただし、ワセリンそのものに保湿力はあるのではありません。
ワセリンで肌の表面にうすい油膜を作ることにより、こがらしや排気ガスから皮膚を守り、結果としてしっとり肌をキープできるというメカニズムなのです。

リップグロスのかわりにも

pixta_18908162_m

ワセリンは、洗顔後の保湿としてだけでなく、手足のケアや、リップクリームとしても優秀です。口紅の下地としてワセリンを塗り、最後に唇の中央部分にだけもう1度重ねづけをすると、ツヤツヤのグロスとしても使用できます。

かかとに塗るクリームも、メイクの仕上げのグロスも同じものを使用するのは、はじめは不思議な気持ちになりましたが、いろいろと買わなくてよいのはありがたいものです。

ワセリンのテクスチャーが苦手なら

pixta_17982778_m

いくら肌によいと言っても、ワセリンの、あのべったりした重たいテクスチャーが苦手。という人は多いのではないでしょうか?

さっぱりとした感触が好みの人は、湯上がりのまだ少し湿った肌に使用するとべたつき感がなく、心地よく使えます。

そして、1度に塗る量は、顔全体で、米粒の半分ほどの量が適量。
実際にやってみると、あまりに少ない量なので物足りなさを感じるかもしれませんが、ついたかな? どうかな? と思うくらいが調度よいのです。
全身に使用しても、ほんのわずかずつしか減らないので、見た目には小さな瓶でもかなりもちます。

ぜひこの冬は、たったワンコインで、年中しっとり肌をキープできる白色ワセリン美容法を試してみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

有朋さやか

有朋さやか

新聞や雑誌の読者投稿を経て、ライターに転向。現在は、短歌を紹介するエッセイや、地球環境にまつわるコラムを、多数のメディアに寄稿しています。1982年生まれ。岡山県在住。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧