2019年9月16日

【女性向け】おすすめウェットワックス10選!今流行の濡れ髪を手に入れよう♡

濡れたような質感と艶の雰囲気を出すことができる”濡れ髪”ですが、ヘアアレンジをする際にウェットワックスを使う事によって作ることができます。髪の毛につけるだけで簡単に流行の濡れ髪に仕上げることができるので人気が高いです。

そこで今回は、濡れ髪を演出できるおすすめのウェットワックス10選をご紹介していきます。ドラックストアなどの市販でも手に入れることができますよ♡

ウェットワックスの特徴

市販で買えるおすすめウェットワックス画像提供:@shoishiguro

ウェットワックスを使えば、簡単に髪の毛に濡れ感・ツヤ感を出すことができます。大人っぽさや、色気を出したい人、濡れ髪を演出したい人にぴったりのワックスです。ボリュームダウンもできるので髪の毛のボリュームを抑えたい人にもおすすめです。前髪につければ”こなれ感”をプラスできます◎

ウェットワックスは、ロングよりもショートやミディアムヘアのほうがスタイリングがしやすい傾向にあります。ミディアム~ロングの方は、毛先に付けるのがポイントです♪

パーマヘアとの相性もよくてウェットな束感も作りやすいです♡

おすすめのウェットワックス10選

それでは”濡れ髪”が作れるおすすめのウェットワックスをご紹介します!今流行りの濡れ感を演出したい人はこちらのワックスを使ってみてください♡

1:ザ・プロダクトヘアワックス

濡れ髪を作るウェットワックスの定番とも言われている人気のワックスになります!
バームタイプになっていて前髪や毛先にもしっとりとつけやすいテクスチャが人気になります。
また髪の毛以外にもハンドクリームや角質ケアなどにも使うことができますよ。
優しい林檎の香りになっているので強い香りが苦手な人にも使いやすいところがおすすめです♪

2:ロレッタ ムルムルバター

ワックスとしての形状キープは低めですが、天然成分が100%含まれている製品になっていて
髪の毛にうるおいを与えながら艶、濡れ感のある髪の毛を作ることが出来るワックスになっています♡
しっとり、艶感、潤いが強く、女性らしいローズ系の香りが人気になります!
成分としてムルムルバター、シアバター、ダマスクローズオイルなどが配合されています。

3:N. ポリッシュオイル

ヘアケア商品を多く販売しているブランドの商品で、オイルタイプのスタイリング剤になります。
オイルなので見た目に艶感をプラスすることができ、流行りの濡れ髪を作ることができます!
オイルタイプは塗りすぎるとベタベタになってしまうので、毛先や前髪など束感を出したいところを
中心につけていくことがおすすめです。肌の保湿オイルとしても使用できる優しい成分が魅力です♡

4:N.(エヌドット) ナチュラルバーム

シアバターやミツロウなどの保湿成分をはじめ、ハーブウォーターやUVケアを行うことができる
トリートメントタイプのバームになっています。バームタイプなので量が調節しやすく
綺麗な濡れ髪を使うことができます。スタイリングの他にもハンドクリームとしても使えます!
トリートメントタイプなので固めや重めのワックスが苦手な人にもおすすめになります♪

5:リーゼ ウォータリージュレ ふんわり束感メイク

ふんわりと仕上げることができます。毛先や前髪など重めになりがちなところに使いやすいです!
ナチュラルなフローラルの香りになっているので女性らしい香りを纏うことができます。
手のひろでさっと広がるので初心者でもケアしやすいですよ♡

6:ミルボン ニゼルドレシアコレクション ジェリーM

スプリングフィットポリマーという成分が入っているワックスで動きを出しながら
しっかりセットすることができるジェルタイプです。少量でしっとりとさせることができるので
使いやすさも評価されているウェットワックスになります。質感を出すのが難しいロングヘアも
綺麗にケアすることができるのでおすすめになります♡

7:Me&Her ミルキィグロスジェル

チューブタイプのヘアワックスで、植物オイルが配合されているので艶感を出しながら
ナチュラルな濡れ髪を作ることができます。ミルクとジェルが一緒になっているので、
ベタつきすぎずトリートメントのような質感でスタイリングができるところが評価されています!
保湿成分としてシアバター、ヒマワリ種子油が配合されています。

8:デューサー アクアグロスワックス1

マカダミアナッツバターが入っている保湿効果の高いワックスになっていて、キープ力が高めです!
ピンクのボトルが可愛いこのワックスは、艶感がかなり強いのでうるおい髪や濡れ髪を作りたいと
いう人におすすめのウェットワックスになっています。蓋が開けやすく持ち運びもしやすいです。
束感を出すときはハードタイプがおすすめのなっています♪

9:N.ナチュラルバーム

シアバターが含まれているバームタイプになっています。ハンドクリームとしても使える
天然由来成分が含まれているので敏感肌の人にもおすすめになります。
束感を出したいところ、毛先などに少しずつつけていくことによって濡れ髪に仕上げられます。
マンダリンオレンジ、ベルガモットのようなハーブの香りがおしゃれでおすすめです♡

10:ウェーボデザインキューブソフトグロス

スウィートパール成分が配合されていて、優しくセットしながら艶感を出すことができます。
グロス効果があるのでまとまりやすいので広がりやすい髪質の人も使いやすいです。
30g、80g、200gとあるので持ち運び用や家庭用など分けられるところもおすすめになります。
このブランドはワックスの種類も多いので、髪質に合わせて選ぶことができます!

ウェットワックスの使い方

画像提供:@hono24x

ウェットワックスの使い方についてご紹介します♡

STEP1:少量手のひらに乗せる

最初にウェットワックスを少量手のひらに乗せていきます。バームタイプは指先に少しとって伸ばすイメージですると綺麗に仕上がります。

STEP2:ウェットワックスを塗り込む

濡れ髪を作りたい場所を中心にウェットワックスを塗り込んでいきます。毛先を中心に塗ることでより濡れ感を出すことができます。

STEP3:ボリュームを等を調整する

ボリュームを出したい場合は普通のワックスのように持ち上げるようにつけていきます。トップにつけすぎると不潔な印象に見えたり、重たく見えることもあるので少しずつつけながら全体のボリュームをチェックしていきましょう。

◎巻き髪に使う場合

最初に髪の毛全体を巻いていき、髪の毛のボリュームを整えていきます。ウェットワックスを指先にとってカールがとれないように、髪の毛の中心から毛先に向けてつけていくことで丁寧な濡れ感を出すことができます。

◎ショートヘアの場合

トップからつけすぎるとベタベタするので、普通につかうよりも少量のウェットワックスでつけていくのが大事になります。前髪の束感や毛先の束感など濡れ感を出したいところのみ丁寧につけていきましょう。

ウェットワックスで色っぽさを演出♡

使い方が簡単なもの、質感が重めのものなどウェットワックスによって使い勝手が変わります。
自分の髪質や使いやすさに合わせたウェットワックスを選ぶことで、日々のスタイリングが楽になります。
濡れ髪に挑戦したいという人は是非ウェットワックスを使ってみてください♡
おくれ毛もまとまりやすくなるので、まとめ髪にもGOOD◎

↓こちらもよく読まれています♡

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

松島

松島

お洒落とメイクが大好きな20代女子です。コスメやダイエットなど女の子が気になる情報を中心に発信していきたいと思っています。女の子の綺麗になるお手伝いができれば嬉しいです。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧