2016年2月29日

女子力高めの女になるには、ピンク色を身に付けよう!

良く、風水などでは「ピンク」を見に付けると「恋愛効果が上がる」といわれています。

しかし「ピンク」の力は、風水や占いの上だけではなく、科学的にも証明されてる、神秘的なカラーなのです。

▼今一番人気の全身脱毛はコレ▼
全身脱毛

ピンクは女性ホルモンを分泌してくれる

pixta_20601299_m

実は、ピンク色と言うのは、「女性ホルモン」を活発に分泌させてくれる効果があります。

視覚から与えられる情報は、とても大きな影響を受けやすく、自分が身に付けている色で、女性らしい華やかな印象を醸し出してくれます。

特に、洋服にピンクを用いれば、一番効果が出るのですが、「ちょっと難しい」とおっしゃる方は、髪飾りや、アクセサリーにピンクを取り入れてみてはいかがでしょうか。

オフィスで使用する、文房具でもよいかもしれませんね。

初めて会う人は、ピンクの洋服で

lgf01c201307302300

視覚から取り入れられる情報と言うのはとても大きなもので、初めて誰かと合うと言うときには、なるべく、ピンクの洋服を選んで着てみるのはいかがでしょうか。

どんな色にも、プラス効果とマイナス効果と言うものがあります。

黒や、グレー等は、「落ち着き」と言う面ではプラス効果が期待できますが、「暗い・冷たい印象」等の、マイナス効果も放出してしまいます。

ところが、「ピンク」と言う色には、不思議な事にマイナス効果と言うものが少ないと言う事が言われています。

ですから、初めて誰かと合う時、特にお見合いや、合コンの場合には、洋服、あるいはアクセサリーやカバンなどにピンクを取り入れる事で、繊細な女性らしい印象を相手に与える事が出来ます。

部屋でリラックスをする時

151026m_109r_tp_v

一番大きなものだと、カーテンや、絨毯ですが、これらをピンク色にする事で、心がリラックスでき、次の日に体力も気力もしっかりとチャージする事が可能です。

特に、生理痛で悩んでいる人は、女性ホルモンのバランスがあまり良くないと言う事になりますから、パジャマなどにピンクを取り入れて、帰宅したら、ゆっくりとリラックスしてみてはいかがでしょうか。

いつも、黒やグレー、又は青等の寒色系を選んでしまっている場合、身体を冷やしてしまうと言うマイナス効果が出てしまいます。

暖色系のピンクを用いる事で、体温も温まり、リラックスが出来、女性ホルモンが分泌されれば、一石二鳥どころじゃなく、三鳥くらいあるのではないでしょうか。

ピンクの持つイメージ

5b41259a5f2a71841a5e313baca95961_s

ピンクにも、様々な「ピンク」が存在します。

ここで私が紹介しているピンクは、どちらかと言うと「サクラ」や「パステルカラーのピンク」と言った方が良いでしょう。

あまりにも、派手なショッキングピンクでは、効果が半減されてしまいます。

誰からも愛される」と言う効果を期待したいのでしたら、薄めの「桜色」や「パステルカラーのピンク」を頭に入れて、小物などを購入する時に活用してみましょう。

相手に幸福感と癒しを与える色

pixta_16345848_m

実はピンク色の秘密はまだまだあります。

それは、「相手に幸福感と癒し」を与えると言う点です。

最近、看護師さんの制服にピンクを取り入れている病院も多くありますが、実際、患者様の心を癒して差し上げるのには、ピンクはとても効果的でもあるのです。

対人関係を良くしたいなら

img_9550

誰でも会社や学校で、「気の合わない人」や「苦手な人」と言うものはいらっしゃると思います。

しかし、「ピンク」は平和主義を表す色とも言われ、相手への攻撃心が自然と取り除かれますので、今までよりも、関係性が良くなる効果が期待できます。

自分自身の心が穏やかになるばかりではなく、相手側も穏やかになりますので、是非試してみて下さい。

彼氏へのプレゼントにはピンクのシャツを

pixta_13285740_m

「ピンク」=「女性」と思われがちですが、実は、男性が身に付ける事によって、清潔感や若返り効果も期待できるそうです。

旦那様や、彼氏へ、ピンクのシャツや、ネクタイをプレゼントしてもに付けてもらえば、きっと素敵に大変身してくれるはずですよ。

おわりに

ピンク」と言う色は、本当に不思議な魅力を持つ色です。

身に付けるだけ、または眺めるだけで、血の巡りが良くなり、女性ホルモンも活発化され、癒し効果も期待できます。

また年齢的に、「そろそろ更年期」と言う場合にも、アンチエイジング効果が期待できます。

是非、チャレンジしてみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

Rikitan

Rikitan

1971年7月15日生まれ。 普段は、6人と4匹の猫と暮らす家族の主婦です。 Webライター&小説家としても活動しています。 素敵な女性になれる話題を、発信してきたいと思っておりますので、 どうぞ宜しくお願い致します。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧