2017年7月9日

それじゃ堂々巡り!今すぐ間違った婚活をやめるべき3つの理由

最近、「婚活に疲れた」とか「婚活すればするほど結婚できないような気がする」という女性が増えています。結婚したいのに、良い相手と巡り会えない。こちらから「いいな」と思っても気に入ってもらえない。婚活パーティーや街コンに参加しても、顔のいい若い女ばかりモテる。

まるで「お前なんか結婚できるわけねえだろ」と言われているような気分になって、ますます落ち込みます。こんなことの繰り返しなら、婚活なんかしない方が穏やかに過ごせるのでは…?

今回は、そんな間違った婚活なんかやめちまえ!という3つの理由と、それぞれの解決法についてご紹介します。婚活は努力したって無駄な場合があるのです。

1、売れない商品はタダだったとしても貰ってもらえない

100円ショップの売れ残り商品を「タダであげるよ」と言われても、「使わないからいらないよ」って感じになること、ありませんか?あるだけ邪魔だし、使わないから捨てるしかありませんよね。

価値のない人はいませんが、“誰かにとっては価値がない”場合はあります。それは、婚活でもそうです。そのため、場違いな所で、女性が自分のことを安く叩き売りするようなことをしても、たぶん一生売れません。価値を下げていくだけです。

〇婚活パーティーではニコニコするだけ!喋らない!

残念な話、男性って女性を見た目で判断します。そのため、若い女性や美女に群がっている男性の多くは結婚後に後悔します。見た目と中身にギャップがある女は多いですからね。

では、婚活パーティーという場所で、今更「価値を上げる」ということはできません。見た目ってある程度着飾ってもそれ以上にはなりません。あとは、価値を下げないようにするだけです。

価値を下げないためには、せめて“頭が良さそう”に見えるように、無口を通すのが賢いやり方です。ぺちゃくちゃ喋っていると馬鹿に見えます。あとは、ニコニコ微笑んでおけばいいです。

婚活パーティーで「元気で明るい女性」を演じようとして頑張ったり、質問されたことにバカ真面目に答えていては、失敗するのも当然です。言葉は少なく、笑顔を多くすることが大事です。

2、ほかの女と並んではいけない

婚活パーティーに参加する男や、婚活サイトに登録するような男って、どんな男でしょうか。考えてみてください。彼らはモテないんです。真面目で誠実、というよりも、ローリスクハイリターンを望んでいるから、あえて婚活をしている、という男性たちです。

結婚はしたいのでしょうが、気分としては出会い系サイトに登録しているのと大差ありません。そのため、プロフィールよりも顔写真や年齢を見ます。つまり、ブスやババアは自動的に排除されます。

〇本気で結婚したい男はどこにいるのか

では、そのような「外見と年齢」で選んでいる男性の前で、多くの女性と一緒に並んでしまったら、見た目に自信のない女性から脱落していくのは目に見えています。また、「顔がいいから」という理由で選ばれた美女だって「ふざけんな」と思うでしょう。

この場合、おすすめしたいのは“結婚相談所”です。結婚相談所って、プロのアドバイスがきちんともらえますし、有料なので、男性も女性も本気です。

正直、無駄にダラダラと婚活パーティーや婚活サイトに登録料を支払うよりも、短期集中でバシっと結婚相談所に登録した方がうまくいくような気がします。

3、新規ではなく知り合いに誰かいないか?

新しい出会いを求めていますか?まだ見知らぬ場所に白馬の王子様がいると思いますか?…もしかすると、そうじゃないかもしれません。

正直、結婚って「好き」とか「愛してる」ってのは二の次で、話が合う友達みたいな関係で協力して生活していける相手を探す…ということなので、もし身近にまだ独身の男がいたら、その人と暮らしてみてもいいと思います。

〇新規の出会いにはリスクがある

私の知り合いにも多いですが、「この人!って思って付き合ってみたらとんでもないサイコパスだった」とか、付き合ってからヤバイ人だってわかった…みたいなパターンよくあります。

つまり、新規の出会いってトキメキますけど、その分危険なことでもあるのです。その点、昔からの知り合いの男性だったら、刺激こそないけどお互いのことはよくわかっていますし、リスクは少ないです。

「恋愛感情が沸かない」とか「考えたこともなかった」という理由で、そういう話にならないことも多々あると思いますが、結婚する上でお互い何も問題がなかったら、とりあえず交際してみる、というのもアリかもしれません。

実際、それでゴールインしているカップルも多いです。愛がなくても結婚はできます。愛よりも「老後のこと」や、「ふたりで生活したほうがメリットがある」みたいなことを主題にして考えてみましょう。

結婚への道はひとつじゃない

結婚したくなったら婚活する、というのが最近の流行りのようですが、婚活したからと言って絶対結婚できるというわけでもなく、やっぱり人との出会いって縁なんだよなあ、と思います。

縁って無限にいっぱい広がっているように思いきや、私たちに許された時間は限られていますから、やっぱり出会うはずのない人とは出会いません。出会った、ということは何かしら意味があることです。

自分の価値を下げることなく、人と比べられることなく、出会った縁を大事にして進んでいけば、夢見ていた結婚とは少し違うかもしれませんが、自分らしい結果を得ることができると思います。

婚活を頑張ってはいけません。努力や根性ではなく、「いやだな」と思ったらそっちは進む道じゃない可能性があります。苦しい婚活はやめて、自分なりの方法を探してみましょう。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

福永知世(ふくながちせ)

福永知世(ふくながちせ)

1983年青森市生まれ。作家、フリーライター、デザイナー。一児の母。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧