2016年7月30日

[PR]なかなか改善されないニキビ跡に、話題のスキンケアを使ったら1ヶ月で薄くなった。

繰り返しできるニキビやなかなか改善されないしつこいニキビ跡…。悩んでいる方も多いのではないでしょうか。私もそのうちのひとりです。

そして私はニキビやニキビ跡の悩みを解消するため、ある基礎化粧品を使ってみました。今回は、その基礎化粧品を紹介します。

今一番の悩み…

ビフォー

今私が特に悩んでいる事は、顎のニキビ跡です。顎に赤ニキビができやすく、しかも炎症が強いのでニキビ跡が残ってしまいます。

クレーター化まではしていませんが、赤黒く跡が残っています。ニキビ跡を改善させる美容液を色々試したのですがなかなか改善されず、それどころか肌に合わず肌荒れをおこしてしまったものもありました。

アトピー体質で肌が弱いので基礎化粧品の選択の幅が狭いのです。そんななか、私は初めてニキビ跡の改善に実感できた基礎化粧品に出会いました。

b.glen(ビーグレン)ニキビ跡ケアプログラム

bb

私が出会ったのは『ビーグレン』のニキビ跡をケアする基礎化粧品、クレイウォッシュ(洗顔料)・10-YBローション(化粧水)・Cセラム(美容液)・QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)の4つです。

clay01

まず洗顔料のクレイウォッシュは、「モンモリロナイト」という天然のクレイで汚れや古い角質を磁石のように引き寄せる吸着洗顔料です。必要な皮脂を取り過ぎることなくしっとりとした洗い上がりになります。

IMG_1548

化粧水の10-YBローションは、ビーグレン独自の「QuSomeモイスチャーバリアコンプレックス」が角層の奥まで浸透し、肌のバリア機能を高め、ターンオーバーのサイクルを整えてくれます。

IMG_1549

美容液のCセラムは、美容成分ビタミンCが高濃度で配合された美容液です。ビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSomeによって、ほのかな温感を伴いながら角層の奥へ浸透します。ピーリング作用でターンオーバーを促し、肌の凹凸や色素沈着にも働きかけてくれます。

IMG_1550-(1)

クリームのQuSomeモイスチャーリッチクリームは、ビーグレン独自の複合成分「QuSomeエイジリカバーコンプレックス」がキメを整えながら肌を支える力をサポートし、ニキビ跡の目立たない肌へと導いてくれるクリームです。

初めて使用してから1週間後…

IMD8119

初めてクレイウォッシュで洗顔をしたとき、泡立たないことに少しびっくりしました。泡立てず、やさしくマッサージをしながら汚れとなじませていく洗顔料です。

ぬるま湯で洗い流したあと膜が張っている感じがして汚れがしっかり落とせているのかどうか不安でしたが、タオルで拭いたあと少しだけつっぱり感があったのでしっかり洗えていることは実感できました。泡立たないのでついゴシゴシしてしまった事が原因でつっぱってしまったのかもしれません。

最初の1週間、10-YBローションとCセラムは、塗布すると毎晩ヒリヒリしたり少し赤いぶつぶつができてしまいました。私はアトピー体質で肌が弱いため初めて使用する基礎化粧品にびっくりしたのかもしれません。毎晩ヒリヒリしたり赤くなったりしましたが、翌朝にはおさまっていました。このように少し肌に異常がみられたので最初の1週間は様子見という事で、10-YBローションとCセラムは夜だけ使用するようにしました。

そして1週間後、少し効果が感じられました。写真は光の加減で画質が異なるので分かりにくいですが、赤みが強かったニキビ跡がほんの少しだけ薄くなったのです。他にも、ビーグレンの基礎化粧品を使用する前にできていた傷みが伴う赤ニキビが治りました。

使用2週間後…

IMG_9856

この週は、生理前という事もあり肌が荒れやすい時期でした。そして化粧を落とす時間が遅くなってしまった日が続いたので赤ニキビができてしまいました。

しかしビーグレンの基礎化粧品を使用する前は、いつもならニキビができてしまうと炎症が強く傷みが伴うようなひどいニキビでしたが、今回使用後初めてニキビができましたが傷みもなく軽いニキビでした。これも私にとって大きな変化です。

最初の1週目と比べてヒリヒリする事も少なくなってきました。そして朝の化粧ノリの良さに驚きました。顎のニキビ跡に対する効果だけでなく、肌全体のキメが整ってきたことを実感できました。

使用3週間後…

IMG_0610

前の週にできてしまった赤ニキビが治りました。そしてニキビ跡の赤みも薄くなってきました。ニキビ跡に関しては短期間で大きな変化を実感する事は難しいですが、少しずつ効果は実感できています。

基礎化粧品だけに頼るのではなく、できるだけ早めに化粧を落とす・しっかり栄養を摂る・運動をするなど…生活習慣を整えて身体の中から綺麗にすることを前提として、基礎化粧品の力も借りることで綺麗になっていくのだと改めてそう実感しました。

使用4週間後…

IMG_1488

3週目の後半から4週目にかけて生理ということで、肌が敏感になりやすくニキビもできやすい時期でした。

もしかしたら、最初の1週間のようにヒリヒリすることがあるかもしれないと思っていましたが、ヒリヒリすることもなく、むしろ痛みが伴うひどいニキビもできませんでした(ビーグレンの商品を使用する前、生理中はよく肌が荒れていました)前の週と比べて、ニキビ跡の変化はあまりありませんが肌全体のキメが良くなってきた事を実感できました。

「b.glen(ビーグレン)」を使ってみて

front

今回1ヶ月という短い期間で、ニキビ跡がほんの少しだけ赤みがひいて薄くなってきた事を実感することができました。

そして私にとって一番大きかった事は、アトピー体質で肌が敏感な私がビーグレンの基礎化粧品を使用しても肌荒れをおこさなかったという事です(最初はお肌がびっくりして赤みやかゆみがでました)。

それだけではなくニキビができにくくなり、肌のキメも整いました。アトピー体質の方や敏感肌の方は、慣れない基礎化粧品を使用する事は勇気がいります。そのような場合は、トライアルセットで様子を見ながら使用してみるのも良いと思います。

これからもビーグレンの基礎化粧品で根気良くニキビ跡のケアをしていこうと思います。

http://www.bglen.net

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

akane

akane

日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ・美容薬学検定1級・コスメマイスター・スキンケアマイスター合格、登録販売者取得。美容が大好きで幅広い範囲を勉強してます。薬学も勉強してましたので美容・薬学(登録販売者の範囲)・健康に関するコラムを発信していこうと思っております。よろしくお願いします!

他の記事も読む

関連するキーワード一覧