2017年1月25日

迷う時間であいさつはできる♡プラスの一言でさらにモテ度UP♪

今、声かけて大丈夫かな……」「あいさつだけでも、話しかけたい!
そんな悩める女子には、ぜひ、思い切って勇気を出してもらいたいです。

だって、「おはよう」も「こんにちは」も、「おつかれさまです」も、ほんの1~2秒で言えてしまう言葉。
それならば、迷っている時間を、ちょっとの勇気であいさつの時間に変えてしまいましょう。

そこに、プラスの一言を添えれば、きっと彼の中であなたの存在がぐっと身近になってくるはずです◎


迷っている数秒で、あいさつはできます

朝の時間、お昼休みの時間、一日の終わり……あいさつができる機会は、その人に会うごとにあります。
会うたびにドキドキして、声をかけられずにため息をつく生活にはサヨナラしませんか?

きっと、あなたが彼に会って、「声をかけたい!」と思って通り過ぎてしまうのも数秒なら、思い切って声をかけて、あいさつだけしてまたねって行き違うのも数秒です。

返事が返ってこなかったらどうしよう
変に思われたらどうしよう
なんて思っていませんか?
あいさつは、もしかしたら忙しくて気づかれないかもしれません。頷きが返ってくるだけかもしれません。
でも、あいさつは、心を開いていますよ、という合図です。
ぜひ、取り入れてみてください。

プラスの一言を添えよう♡

あいさつができるようになったら、やってみたいのが、プラスの一言です。
会話の糸口になりますし、興味を持っていますよ、ということを彼に態度で示せます。

些細なことで構いません。
というよりも、些細なことでないと、あいさつのような短い時間では困るのです。

そんな些細なことを見つけることを楽しんでみましょう。
あれもこれも話したい!」と欲張らずに、毎日ちょっとずつ、を積み重ねていくのがいいですよ♡

その日、その人にしか言えないことを探そう!

プラスの一言では、些細なことを見つけることが大切です。
どんなことがいいかと言うと、『その日、その人にしか言えないこと』を見つけることです。

難しいでしょうか?
でも、好きな人についてのことですから、きっとなにか毎日でも彼についての発見や、気になることが見つかるのではないでしょうか。

たとえば、
おはよう、そのシャツいいね!
こんにちは、午後も頑張ろうね
など。
彼を見て、パッと働くセンサーのようなものに引っかかったことを言ってみましょう。
見つからなければ、他愛のないことでも大丈夫。

あいさつに、一言足してみる。
それだけで、ちょっとした特別感が出ます。

相手に説明を求める質問はNG

ただし、このプラスの一言でやってはいけないことがあります。
それは、『相手が説明しなくてはいけない質問』です。

たとえば、
おはよう、昨日お休みしてたみたいだけど、どうしたの?
と聞いてしまうのがNGな質問例です。

立ち入った話になりますし、あいさつのような短い時間のコミュニケーションでは難しい内容です。

それでも気になるときは、
おはよう、昨日お休みしてたみたいだけど、大丈夫?
としてみましょう。

気にかけていることは伝えつつ、「大丈夫だよ」「うん、ちょっとね…」などで返事ができるので、あまり彼の負担にもならないはずです。

質問なら、なるべく短い答え方ができるもの。
ちょっとした感謝の気持ちを伝えるのもアリです。
おはよう、こないだは食事に誘ってくれてありがとう
おはよう、昨日はフォローしてくれてありがとう
など、その場の感謝の言葉だけではなく、『今も感謝しています』という気持ちが伝わり、好印象だと思います。

いかがでしたか?
迷っている数秒の時間を使って、彼にちょっとずつ近づけるようなアプローチをしてみてはどうでしょうか。

ちょっとの勇気で、彼とすれ違う時間が、もっと楽しくなりますよ♡

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

夏野この葉

夏野この葉

国立大学文学部を卒業後、いろいろあってwebライターに。レシピが大好き、いつの間にか増えた恋愛経験も、こちらで皆さまのお役に立てればと思います♡ 楽しく読んでいただけるとうれしいです。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧