Interview
VOL.2

小川麻琴(おがわまこと)

【特集】ピュアラモインタビュー!元モーニング娘。の『小川麻琴』さんに、ステキの秘密を聞いてみました♪

”ピュア”で”美しい”女性たちの「ステキの秘密」を探るインタビュー企画第2弾は、元モーニング娘。で、現在は女優やタレントとしてはもちろん、アプリプロデューサーや「かしわざき大使」として、マルチな活躍をみせる『小川麻琴』さん。

一緒にいる周りの人たちまで笑顔にしてくれる、いつでも明るく、前向きな小川さんに、その原動力を伺いました。

Q. 4月からほぼ毎月舞台が続き、多忙な毎日を送る小川さん。美容で気をつけていることは?

食事では必ず野菜を食べるように心がけています。現場でお弁当の日も、仕事の前にサラダを買って持参したり、買う時間がないときは、お弁当の中の野菜から食べたりしています。
ここ数年は自炊をするようになったので、お弁当を持って行くこともありますね。コンビニのサラダを買うんだったら、夕飯の残りでもいいから「ほうれん草のゴマ和え」を詰めていこうかなとか。食べる順番も気にしていて、野菜を食べてから、その後にお肉や炭水化物を食べたり。あと白米ではなく、十六穀米にしたりしてます。

Q. 美や健康を保つ秘訣は?

とにかく私はパンが大好き。昔は3食ベーグルだったんですよ(苦笑)。今も冷蔵庫には必ずベーグルのストックがあって、「朝ごパン」というインタグラムを毎日アップしているくらい好きなんです。パンをやめろと言われたら生きていけない。でも、パンってお腹が空くのが早いから、体調を崩しちゃいけないときや体力を使うときは、お米に切り替えるようにしてます。

Q. 最近気になってる美容法はありますか?

酵素玄米を使った「七号食」は一度やってみたいですね。小豆と塩で炊いた玄米を発酵させて、10日間それだけ食べるんです。玄米だったらいくら食べてもいいけれど、玄米以外は食べちゃダメ。
それで体を一回リセットするんです。劇的に体重が減る人もいるらしいですけど、それよりも体内のデトックス効果があるみたい。1年くらい前からずっとやってみたくて、一回小豆を買ってきたんですよ。でも、途中でやめたら最初からやり直さないといけないし、パンの誘惑には勝てなくて、その小豆は甘いあんこに変わりました(苦笑)。

Q. ライフスタイルのこだわりはありますか?

朝食ですね。ゆっくりベーグルを食べたいから、朝ごはんは一人がいい(笑)。しゃべってると、食べてる実感がないから。ベーグルは、モーニング娘。の差し入れでハマってから10年以上ずっと食べ続けていますが、毎朝食べてもベーグルに飽きたことなんて一度もありません!
でも地方だと、どこにでも売ってるわけじゃないので、そのときはコンビニで自分の好みのパンを探します。そのコンビニで気にいるのがなかったら、別のコンビニに行ったり。私にとってパン選びは重要なんですよ、朝のエネルギー源なので。そこに命かけてます(笑)。

Q. 幸せを感じる瞬間は?

朝食選び。夜、冷凍庫の中から、次の朝食べるベーグルを選んでるときが最高に楽しい!自然解凍がいちばんおいしいので、寝る前に自然解凍するんです。毎朝食べているベーグルは、日本全国のいろんな気になったお店からお取り寄せしています。ちょっとでも気になったベーグルの候補のお店をバーっと書き出しておいて、口コミとかも読んで、大きさや重さも調べて。
お気に入りはたくさんあって選べないけど、最近よく頼んでるのは愛知県大洲市にある「もち麦亭」です。

Q. ファッションのこだわりは?

とにかく動きやすさ重視ですね。あとはシンプルなのが好き。ジーンズにTシャツとか。その分ネイルとかにこだわりたいですね。昔はロックな格好が好きで、ドクロばっかり身に付けてた時期があるんです。そしたら、占い師さんに「それは死神を身に付けているようなものだからよくないよ」って言われて、それ以来シンプルになりました。。

Q. ネイルサロンはよく行くんですか?

仕事で制限があると行かなくなったりしますが、していた方が自分でもテンションが上がるので、最低でも1ヶ月に1回は行きますね。ずっと通ってたネイリストさんが引っ越しするときに紹介してくれた、恵比寿の「Bijou Nail(ビジュネイル)」に通っています。大型サロンより個人サロンの方が落ち着くので好きです。

Q. 美容院は行きつけのサロンはありますか?どれくらいの頻度で行ってますか?

美容院は転々としていますね。自分で探すより誰かに紹介してもらうことが多いかな。モデルさんはやっぱり詳しくて、最先端の情報を教えてくれるんです。
モーニング娘。時代に髪をいじめすぎたのか、すごい痛んでたんですよ。そのときはトリートメントに2週間に1回くらい通っていた時期もありましたが、最近は復活してきて1~2ヶ月に1回通っています。

Q.オフの日は何をしていますか?

家にいるのが好きじゃないので、外に出ます。目的の場所があったら、その駅周辺のパン屋を探して、口コミを見て、このパン屋に寄ってみようかなとか、基本的にパンを中心に駅に街に行きます(笑)。

Q. 行ってみたい場所はありますか?

国内だったら、夏の北海道。モーニング娘。のときにラベンダーの季節に行って、それがすごいキレイだったので。
海外だったら、ずっと行きたいのはバリ島。バリのマッサージって、二人掛かりで施術してくれるらしいんですよ。それでも日本よりも安いと聞いて、めっちゃいいなって。バリに行ったら毎日受けたい!あと、タイも行きたいですね。タイ料理とタイ古式マッサージが好きなのと、ゾウに乗りたいので。

Q. ニュージランド留学をしたり、アプリプロデューサーをしたり、何事にもチャレンジしている小川さん。これから挑戦してみたいことはありますか?

スカイダイビングです。いつか絶対やりたい。スキューバダイビングをするので、海は行ってますけど、空はまだなので。えっ!石川(梨華)さんと一緒ですか!?まさかの先輩とかぶった!通じちゃってますね。

Q. これだけは人には負けない!と自信があるものは何ですか?

ベーグル愛!パンを愛する気持ちは絶対負けません。

Q. 最近、一番うれしかったことは?

やっぱり舞台に立てること。ソロになってから舞台が多かったんですけど、去年1年お仕事をお休みして、また4月から舞台に立たせてもらっています。ちょうど今やっているミュージカル『眠れる森の美女』はファミリー向けなので、小さい子もいっぱい来る。2、3歳の子が小川麻琴として覚えているわけではないけれど、「その子の思い出の一部になれているんだな」と思うとうれしいですね。こういう舞台に立てて幸せだと思います。

Q. 10年後の自分はどうなっていたい?

その頃はアラフォーなので、見た目もそれなりになってると思うんですけど、「まこっちゃん見てると元気になるね」といわれるプラスのオーラである人でいたい。今までやってこなかったことでも挑戦できてるような自分でいたいと思います。
最近ボイトレ始めたんですよ。そしたら今までと違う感覚で歌が歌えるようになってきた。まだ習得できたわけではないけれど、毎日ちょっとした発見があって。人間って「成長したい」と思ったら、いつでも成長できるんだなと思いました。

Q. 目指してる理想の女性像はありますか?

オンとオフの切り替えができる女性。私はバランスをうまく取れないときが多いから。舞台の公演中、みんなは終わってから食事に行ったりするんですけど、私は「明日も早いし、風邪引きたくないし、それで歌えなくなったら嫌だし」って全部断っちゃう。稽古が始まると家でもずっと台本読んで歌の練習。でも、ずっと気を張っていてもしょうがないことは自分でもわかっているんです。だから、仕事は仕事でしっかりやって、オフのときは自分を解放できる。メリハリをつけて、自分をコントロールできる女性に憧れます。

Q. この人『ピュア』だなと思う人はいますか?

子どもたちはやっぱりピュアだと思いますね。以前、『シンデレラ』を演じた時に、シンデレラのドレスを着てお客様をお見送りしたんです。子どもたちにとっては小川麻琴ではなく、「わー、シンデレラきれいー!」「お姫様だ!」って。そんなことって大人はないじゃないですか。
大人になるにつれて「これってしちゃダメ」とか、「こういうときはこうした方がいい」とか、本能じゃないところで抑えちゃう。でも子どもは裏表がなく、いつでも100%でくる。好きなことは好き、やりたいことはやりたいっていう気持ちは、大人になっても忘れちゃいけないと思わせてくれました。

インタビューを終えてみて

とっても気さくで、とにかく明るく、ポジティブ。お話を伺っているこちらが、どんどん元気をいただくインタビューでした。
いつでも人は成長できる」。実践している小川さんの言葉の言葉を信じて、ぜひ一歩を踏み出してみてくださいね!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で
告知

『小川麻琴』official SNSのご案内♡

仕事の事はもちろん、プライベートの私が満載なので、良かったら是非覗き来て下さい♡

Twitter:@1029makoto instagram:1029_makoto/
ブログ:http://ameblo.jp/ogawamakoto1029/

Profile

小川麻琴(おがわまこと)

1987年10月29日、新潟県柏崎市生まれ。2001年、モーニング娘。第5期メンバーとしてデビュー。06年に卒業しニュージーランドへ留学、TOEIC800点を獲得。その後、女優、タレントなどとして活躍する傍ら、アプリプロデューサーとしても活動し、2012年から東洋大学総合情報学部で講師を務める。2015年4月から1年間休業し、2016年4月に復帰、舞台を中心に活動を再開する。地元「かしわざき大使」でもある。

プロデューサー:中村文彦 / AD:しゅう

インタビュアー:吉田理栄子 / カメラ:大西基

企画制作:ピュアラモ

関連するキーワード一覧