2016年1月10日

自分に合った方法を!『私がおこなっているスタイル維持の方法』

お肌が綺麗であるとともにスタイルも綺麗でありたいですよね。きゅっとくびれたウエストに垂れを知らない綺麗に上がったヒップ、引き締まった太ももやふくらはぎ。

そういったスタイルを維持するにはやはり身体を動かすことです。それと疲れをためないことだと思っています。

スタイル維持のため筋トレやヨガ、ウォーキングやジムに通うなど行っていることは人それぞれ違うと思いますが、私が行っている方法を紹介します。

スポンサーリンク

きゅっとくびれた女性らしいウエストに

pixta_25595095_m

10代の部活でばりばり運動していた頃、毎日筋トレやランニングなどしっかりしていたので引き締まっていて脂肪知らずでした。

その頃はウエストに不満など全くなかったのですが、今思えば女性らしさのないウエストだったなと思います(まだ10代前半から半ばだったので女性らしさなど考えたこともなかった…)。

最近になって思うことは、10代の頃のようなしっかり引き締まっていて脂肪知らずの細いだけのウエストよりも「きゅっとくびれがあって多少丸みのある柔らかそうな女性らしいウエスト」の方が良いのでは…ということです。

なので、私は10代の頃のようなハードな運動はせず、エアフラフープをしています。そしてたまにヨガや腹筋50回をします。エアフラフープはフラフープを使わずウエストを意識して、腰に負担をかけない程度に円を描くよう腰をまわします。

その際イメージとしてはウエストより上は動かさず軸となるようにまわします。左右25回ずつ。ヨガは気が向いたときその日の気分でウエストに効くポーズを決めてリラックスしながら行います。

エアフラフープは毎日しますが腹筋とヨガはたまにします。「毎日コレとアレとアレをしないといけない!」というより「毎日コレだけしてアレとアレは気が向いたときにしよう」というふうに軽い感じでいいと思います(1つだけ毎日続けるものを決めます)。

私の場合ですが仕事で疲れた日に色々な筋トレなどをすると余計に疲れが溜まってしまうのです。実際筋トレやヨガは毎日することで効果がでるものだと思うのですが、私は筋トレやヨガは休日にしてエアフラフープは毎日する!と決めています。

それらを毎日続けている結果ですが、くびれのあるウエスト58cmをキープできています。ただ、ハードなトレーニングはしないので脂肪はもちろんあります。しかしそれがちょうど良い柔らかさのある細すぎない細いだけではない女性らしいウエストをつくっています。

垂れないヒップに

pixta_19892571_m
どれだけ足が細くてもヒップが垂れるとどうしても綺麗に見えないですよね。

スキニーを履いたってヒップが気にならない。そんな綺麗に上がったヒップになるため、垂れないために私が行っているのは、スクワット50回です。

そしてたまにヒップアップに効果的なヨガをします。さらに、仕事で立ち作業をしているときにヒップに力を入れてみたり。

毎日行っているスクワットは、適当にスクワットをするのではありません。まず背筋をのばしてヒップに力をいれます。そして背中を軽く反ってヒップを後ろにつき上げる感じでしゃがみます。

1回ごとにヒップを意識して行います。私は歯磨きをしながら50回しています。ながら筋トレです。そしてウエストと同じようにスクワットは毎日行ってヨガは休日に行います。

しかしヒップは油断していると年齢とともに垂れてきてしまうので、スクワットのほかヨガも毎日行うことにしようと思っています。今はまだ気にならなくても将来垂れないためにさらに気を付けていこうと思います。

むくみのない綺麗に引き締まった太ももやふくらはぎに

pixta_22151222_m

デスクワークのお仕事をしている女性は足がむくむことが多いのではないでしょうか。私はふくらはぎがむくとぱんぱんになります。

むくみは次の日に絶対持ち越さない!その日にむくみをとる!ということが大事だと思っています。むくんでもむくまなくても毎日湯船で温まりながらふくらはぎと太もものマッサージをします。

まず、脚の付け根・膝の裏のマッサージをしてリンパの流れを良くします。そして足首から膝の裏へ向かって、膝の裏から足首に向かってふくらはぎを揉みほぐします。5往復ぐらい。

次に、太ももの外側を膝から脚の付け根に向かって、内側を脚の付け根から膝に向かって揉みほぐします。これも5往復ぐらい。

このマッサージを必ず毎日行って次の日にむくみを持ち越さないようにします。寝る前に軽くストレッチをすることも効果的です。筋トレとして、ヒップアップのためにしているスクワットは太ももにも効果があります。

ふくらはぎを引き締めるために意識していることは、立っているときに、かかとを上げてキープするふくらはぎの引き締め方です。仕事での立ち作業や家事の洗い物をしているときなど、ちょっとした合間に行うことができる効率の良い方法です。

マッサージや軽い筋トレを組み合わせることで、むくみのない引き締まった太ももやふくらはぎを今のところキープできています。

おわりに

綺麗なスタイルを維持するには、自分に合った方法たくさん試して「これなら続けられる!」と思ったものを毎日行うことです。筋トレやヨガ・マッサージなどたくさんあると思いますが、「アレもコレも毎日続ける!」とハードにならなくても良いと思います。

自分に合ったもの見つけて一つでもいいのでできる範囲で続けることが大事だと思います。私はウエストのためにエアフラフープ、ヒップアップと太もものためにスクワット、脚全体のむくみをとるためにマッサージを毎日行い、+αとして休日に筋トレやヨガを行います。

今はこれで私自身満足しているスタイルを維持しています。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

akane

akane

日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ・美容薬学検定1級・コスメマイスター・スキンケアマイスター合格、登録販売者取得。美容が大好きで幅広い範囲を勉強してます。薬学も勉強してましたので美容・薬学(登録販売者の範囲)・健康に関するコラムを発信していこうと思っております。よろしくお願いします!

他の記事も読む

関連するキーワード一覧