2016年1月9日

もう一度彼とやり直したい!復縁を実現させる10のコツ

彼と別れたけれどやっぱりどうしても諦められない、またヨリを戻したい・・・と思う女子は意外にも多いです。

でも、一度お別れをした二人にとって復縁は決して簡単なものではありません。そこで、10のコツを抑えて復縁を実現できるようにしてみましょう。

スポンサーリンク

焦らずに冷却期間をしっかり持つこと

まず、復縁でもっとも大事と言われていることの1つの焦らないことがあります。一定の期間連絡などを取らないということを冷却期間と言いますが、復縁をしたいのならこれは必須といえます。別れてすぐに連絡を取るようではいけません。少しお互いを距離を置いた後に行動に起こすことが大事です。

別れた原因をもう一度考えよう

別れてしまった二人がまたヨリを戻すためには、以前と同じままではいけません。何かを変えていかないといけません。そこで、まずは別れた原因についてもう一度ゆっくり考えてみましょう。何が原因で別れたのか、その原因自体が二人の間で食い違ってしまうこともあります。

自分磨きも同時進行で

彼とまたヨリを戻したいと思っているのなら、今までの自分のままでは意味がありません。そこで、自分磨きも同時進行でいきましょう。今まで挑戦したことのなかったことをしてみたり、趣味を見つける、美容やダイエットを頑張ってみるなどと自分磨きに力を注いでみましょう。

心に余裕を持つこと

復縁では焦りが禁物と言いましたが、心に余裕を持っておくことも大事です。余裕を持っていると、自分を客観的に見ることもでき、改善点などに気づくこともできます。ただ感情的になるだけでは上手に復縁できません。心に余裕を持って過ごせるようにしてみましょう。

異性と遊ぶことも大切

今でも好きな彼と復縁したいと思っていても彼のことばかり見るのではなく、周りの異性にも目を向けて遊ぶことも大切です。復縁に必死になっていても彼が引いてしまいますし、たまには気分転換も兼ねて異性と楽しく過ごすのも刺激になっていいですよ。

NGな言動にも気を付けよう

復縁したいという時にNGな言動ももちろんあります。

  • 頻繁にメールや電話をして会いたいと迫る
  • とにかくあなたがずっと好き、ずっと忘れられないといったようにしつこく言う
  • ストーカーのように彼の生活圏内に踏み込んでくる

この3つは絶対にNGです。

復縁したいという気持ちがあるのはわかりますが、過度な言動は慎まないと逆効果です。

メールの文面や送るタイミングもカギ

復縁したい彼にいきなり電話をする勇気はないという女子は多いと思います。となると、残る手段はメール。でも、メールも1日に何回も送ったり、何してるの?と詮索するような内容は控えて、今日はいい天気だったね、初めて英会話教室に行ってみたよなどといったように私生活の中で一言伝えたいことを送ってみるといいでしょう。

今の相手の状況も知っておくこと

復縁したいからといってただひたすら彼のことを考えずに自分の気持ちばかり押し付けていてはいけません。もしかしたらすでに彼には新しい恋人がいるかもしれません。そういうことも踏まえて、今の彼の状況をまずはちゃんと知っておきましょう。

偶然を作ってみよう

偶然ってすごく大切です。彼が行きそうなお店へ自分も行ってみて彼に本当に会えると偶然が実現し、彼との接点を持つことができます。偶然が重なると彼の方も自然とあなたとの距離を縮めてくることでしょう。そこから、共通の話題が生まれるとよりグッドですね。偶然はたまたまですが、これを自分から作るようにしてみましょう。

周りの力も素直に借りよう

復縁したいときは女子であればきっと同性の友達に相談することでしょう。そこで、アドバイスをもらったり、励ましてもらうことは刺激になります。別れてしまった理由などを話すと、周りもあなたと彼の復縁に協力してくれることでしょう。
自分一人で抱えるのではなく信頼できる相手に頼ることも大事ですね。

おわりに

 
復縁を上手にする10のコツ、いかがでしたか?まずは、焦らずに周りの力も借りながら徐々に彼へ近づけるようにしてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

mari

mari

美容が大好きな20代女子。某大手企業のメディアサイトで、4年ほど執筆をやっています。ピュアラモでは、主に、美容・恋愛情報を中心に書いていきます!よろしくお願いします。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧