2016年5月17日

スッキリ浴衣美人になるために・・・選び方と買い方のポインとは?

汗ばむ季節になると、ゆかたを着ておでかけしてみませんか?
ゆかたは、花火大会や夏祭りだけではありません。
初夏から、夏の終わりまでたのしめる、日本伝統の衣裳です。
むずかしいイメージがありますが、ちょっとしたコツを覚えるだけで、むしろ着心地の良いおしゃれ着として活用できますから!

※キャンペーン

おすすめは、アンティークショップ

fashion4456-32
出典:http://perlu.jp/

成人式以来、和装はご無沙汰という女性も、多いのではないでしょうか?
いったい、ゆかたなんて、どこで買えばいいのだろう? とおもうかもしれません。

何だか街の呉服屋は、ちょっぴり敷居が高いもの。
また、デパートの呉服売場も、なかなか入りにくい・・・。

そんなときにおすすめなのは、和服をあつかう、アンティークのお店です。
いわゆる<古着>ですから、お値段も手頃。
それに、大量生産されている現代の商品とちがって、あまり見かけない色柄に出会えます。

リサイクル品といっても、最近では、きちんとクリーニングをして、シミ抜きや、ほつれの修理なども完璧なので、状態のよいものばかりです。
これなら、安心して袖を通せますから、うれしいですよね。

ただし、やはり中心は着物ですから、ゆかたの品ぞろえ自体は、少ないショップもあります。

でも、春の終わりから、夏のはじめにかけては、意識して仕入れていますから、梅雨があけるより前が、ねらい目だといえるでしょう。

また、新品のゆかたに、レトロな帯をしめると、小慣れた着こなし方に見えます。
和装は、帯によって、全身のイメージが変わるので、いろいろと試してみると、新しい発見がありますから!

どんな、色と柄をえらベばいいの?

imari20160806045717_tp_v

本来ならば、ゆかたは湯上がりに着るものでした。
夏の夜に、うちわを持ち、涼しげに歩く女性は、絵巻物のようでドキドキします。

ところが、ここ数年間で見かける若い女性のゆかた姿は、振袖と、ゆかたの区別がついていない印象を受けることも。

ゆかたは、着物にくらべて、ずっと薄くカジュアルな素材。
そして、帯揚げや帯締めなどの小物類をあまり使わずに着付けるので、ゴージャスすぎる色柄をチョイスすると、本来の素朴や清潔感が失われてしまいます。

また洋服とことなり、生地の面積が大きいので、インパクトが強い色や模様よりも、ひかえめで上品な色や模様がおしゃれです。

シンプルに、白地・紺地・水色・若草色など、さわやかさを感じさせる色がベストですね。遊び心が欲しい場合は、帯に反対色をもってくると映えます。

ラブリーでキュートなお嬢様風・若奥様風を目指すならば、紫陽花やあやめなどの夏の草花を彩ったものや、流水模様はいかがでしょうか?

モダンでクールに決めるなら、ボーダーやストライプ、もしくは幾何学模様が素敵です。また蝶々や、夕方~夜限定で、コウモリ柄にクモの巣文様の帯をあわせると、なんとも粋な印象に。

すっきり着こなすコツ

N853_ushirowohurikaeruyukatanojyosei_TP_V

はじめは、プロに着付けてもらうとよいでしょう。
体型によって、襟の抜き方や、帯のバランスなどが変わってきますから、和装に慣れた人と相談しながら、覚えていくのがよいのではないでしょうか。

しかし、振袖や留袖とちがって、ゆかたの着付けは、そんなに難しくありません。
動画サイトや、入門書を参考にしながら、くりかえし練習すれば、ひとりで着られるようになります。

  • 紐を多めに用意して、動いても崩れないように、しっかりと固定すること。
  • 鏡でうしろ姿を確認しながら、正中線がずれないように着ること。
  • 苦しくならない位置で帯を結ぶこと。

これらのポイントを、おさえておけば、美しいゆかた姿になれますよ!

観劇や、美術観賞の際は、粋なゆかた姿で、おでかけしてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

有朋さやか

有朋さやか

新聞や雑誌の読者投稿を経て、ライターに転向。現在は、短歌を紹介するエッセイや、地球環境にまつわるコラムを、多数のメディアに寄稿しています。1982年生まれ。岡山県在住。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧