2016年5月24日

ホワイトニングだけではない!?白い歯をとり戻すために出来ること

第一印象は、およそ0・3秒で決まるといわれています。
肌・ヘアスタイル・ファッションも大切ですが、意外と重要なのが、口元の印象
白く粒がそろった歯をしていると、それだけで、誠実で清潔感がある女性に見えるものです。

ところが、歯を白くするためには、歯科医院に通ってホワイトニングをするか、もしくは、オールセラミックに、かえなければならないと思っている人も、多いのはないでしょうか?

スポンサードリンク

元の歯の色に戻したい

たしかに、持って生まれた歯の色よりも、もっと白く・あかるい歯にしたいのなら、やはり従来通りのホワイトニングがオススメ。

最先端のオーラルケアを利用すると、確実に、透明感のある白い歯を手に入れることができますから。

ただし、費用は決して安いとは言えません。
それに、薬剤(過酸化尿素)が沁みたり、強い痛みがある場合も。
そして、虫歯などで、神経をとっている歯には、ホワイトニングは、残念ながら、効果がありません。

けれども、生まれたての歯の色に戻すことなら可能なのです。

歯が黄ばむおもな原因は、いくつか考えられますが、赤ワインやカレー、コーヒーなどの色素沈着や、煙草のやにで汚れている場合は、着色前の歯の白に戻すだけでも、だいぶイメージがちがいます。

芸能人のような白い歯ではなく、もっと、クリーミーな自然なあかるさを目指すなら、ホワイトニングよりも、定期的なクリーニングや、オイルプリングを続けてみてはいかがでしょうか?

クリーニング

デンタルケアクリニックで受けるクリーニングといえば、歯周病や虫歯予防のための、歯石除去が一般的ですよね。

しかし最近では、〈プロフェッショナル・メカニカル・クリーニング〉が、人気を集めています。

略して〈PMTC〉と呼ばれていますが、これは、オーラルケアの専門家が、機械を使用して、徹底的に、口の中を大そうじするという意味があります。
歯石除去だけにとどまらず、色素沈着にアプローチしたり、日々の歯磨きでは落としきれない、頑固なプラークを除去することができます。

歯の表面の着色を落とすだけでなく、軽症の歯周病や、初期の虫歯なら、PMTCを受けるだけで治るケースもあります。

費用は、完全自由診療のため、クリニックや使用するマシーンによってもいろいろですが、3000円~15000円ほど。
割高でも、丁寧なカウンセリングや、最新のマシーンを設置しているクリニックを選ぶと、もちがよいので、かえってお得な場合も。

オイルプリング

年齢による歯の黄ばみや、抗生物質による歯の変色を根本から治すのは、難しいです。
とはいえ、オイルプリングを習慣にすると、歯の表面についてしまった色素や、歯石が目立たなくなってきます。

オイルプリングとは、油でうがいをする美容法のこと。
やりかたは、いたって簡単です。
小さじ1杯ほどのオイルを、15~20分ほど口にふくみ、そのあと吐き捨てるだけ。

ただし、実際にやってみると、意外と15分間は長く、口のまわりの筋肉が疲れてきました。

じっくりと、顔の筋肉を動かすため、ほうれい線の予防や、たるみの改善にも効果が期待できます。

と言っても、無理は禁物。気分が悪くなったり、顔がだるくて耐えられないときには、時間を気にせず中止してください。
慣れてくると、平気で30分ほど続けれれるようになってきますから。

お口のトリートメントだけではなく、デトックス効果もあって、近年、注目されています。

もちいるオイルは、ココナツオイル・オリーブオイル・グレープシードオイル・ゴマ油などが適しています。
とくに、効果のあらわれ方に差はないので、味や匂いが好きなものを選ぶとよいでしょう。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

有朋さやか

有朋さやか

新聞や雑誌の読者投稿を経て、ライターに転向。現在は、短歌を紹介するエッセイや、地球環境にまつわるコラムを、多数のメディアに寄稿しています。1982年生まれ。岡山県在住。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧