2016年8月28日

【めん棒でマッサージ】リンパマッサージで足をスッキリ!!

【めん棒編】

めん棒でマッサージ?!とよく言われるのですが、マッサージに使うめん棒は、優しく柔らか素材の綿の綿棒ではありません。


うどんやそばなどを作る時に、生地を薄く伸ばすのに使う麺の棒のことです。

IMG_3402

このめん棒を使って、足全体やお腹周りなどを刺激し、食事制限などをせずに細くして、
そしてむくみも取れて軽い足にしていくというのが、今回ご紹介させていただくマッサージの特徴です。

なぜ、めん棒を使うと痩せるのかというと、めん棒を押し当ててマッサージすることで、広い範囲を一気に刺激できるからです。それにより、様々な効果のマッサージを一気にできるのです。

例えば、、

  • 足裏、足つぼマッサージ
  • リンパマッサージ
  • セルライトマッサージ

これらを1つずつ自分の手でやろうと思ったら、ものすごく大変だし、手が疲れて、逆に肩が凝ってきたりして、なかなかしっかり行えないですよね。
ましてや、どこかのサロンやエステなどお店でやってもらおうと思ったら、かなりお金もかかってしまいますよね。

だからなかなか続かない。。
でもめん棒だと基本100円均一で売ってます!!

そしてこれを使うだけで、たくさんあるマッサージを、手軽な道具ひとつでいっきにできるのです。
ちなみに力の弱い一般の方がやっても、しっかりと刺激ができて簡単に各マッサージの効果を得ることが出来ます。

通常、これらのマッサージは素人では中々難しいのですが、めん棒という道具を使うことで、効果的に力を加える事ができます。
思った以上にしっかりと圧力をかけられるので、使い勝手の良さにビックリすると思います。笑

私は下半身がむくみやすいので、いつも下半身をしっかりケアしています。

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

まずリンパ管を刺激してリンパの流れを良くし不純物が流れやすいようにします。

①自分の手で足首の裏側の1cm下辺りを両サイドからグリグリ押します。
②ひざ裏の真ん中辺りをグリグリ押します。
③足の付け根部分の少し外側(骨盤の出っぱりから3cm下辺り)をグリグリ押します。

押す場所は、ジーンと少し痛みがあるくらいだと正解だと思って下さい。

この3点はリンパ管の大きな関所みたいなものらしいので、まず最初に刺激しておくと普通にマッサージするよりもリンパの流れが良くなり効果もアップするそうです。

これを済ませれば、いよいよめん棒の出番です!

基本、下半身は全てにおいてつま先側の下から、足の付け根側の上へと流すようにマッサージして下さい。

この方向は間違えないように☆下から上!下から上へ!です!
まず、めん棒を足に対して垂直に押し当てます。そしてふくらはぎを5~10分程、下から上へと流すように何度も押し上げて下さい。

スネは痛いので、スネ以外の場所をいろんな方向から刺激してみて下さい。

その次は太ももです。

lgf01a201411020100

太ももは特に内ももにセルライトがあったりするので、セルライトを潰すようなイメージで下から上へと押し上げて下さい。同じく5~10分程、内もも以外にも様々な角度から行ってください。

やり始めは少し赤くなったり、やり過ぎると打撲のようになってしまう事もあるので、自分の加減で調整しながらマッサージを行ってくださいね!

でもマッサージする時は、軽く押し当てるくらいだと、正直効果は薄いです。
しっかりと、少し痛いくらい力を込めて身体に圧力をかけていることをイメージしながら、実践してみて下さい!最初は少し痛いかもしれませんが、ちゃんと続けていれば、一週間もすれば慣れます!笑

むくみや不純物は蓄積すると厄介です。私は過去にそれですごく後悔した事がありました。
脂肪とはまた違うのに、太く見えてしまうし、自分も足がだる重くなって大変です。

だから、このお手軽なめん棒マッサージはとってもオススメです!

むくみに関してはまだまだ他にも行っている事があるのですが、長々となってしまいましたので、また別の記事にて書かせて頂きます!

しばしお待ちを♡!!
最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

blog:http://ameblo.jp/s-momiblo/
twitter:@17niji_
instagram:@MOMI_TOMOMIII

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

芝本智美

芝本智美

USJダンサーを経て、モデル、俳優、数社様のCMメインキャラクターとしても活躍!日々若さと健康を保つためダンサーとして、モデルとしての経験で得た美容方法を実践。鍛えぬいた肉体、鋼の腹筋も彼女の武器!現在は自分の演技力を再度見直し、磨きぬくことにも没頭中です!

他の記事も読む

関連するキーワード一覧