2016年9月5日

今秋(2016年)流行メイク♪ 【テラコッタカラー】の上手な取り入れ方♡

残暑がまだまだ厳しいですが、秋の季節がやってきました☆
季節を意識して洋服を秋っぽくチェンジし始めている方もいるかと思いますが・・・
秋物の服を着るのは、まだ暑いですよね?

ですがメイクを変えるだけで、ずいぶん秋っぽくなります♡
そこで今回は、今秋の流行メイクを上手に取り入れる方法をお伝えします♪

スポンサードリンク

今年大流行の【赤】メイクは秋も続行中!

ブラウン&赤ってどんな色?
レンガのような色合いをイメージしてください。

lgf01a201306160200

赤&ブラウン色のイメージが湧きましたか?
この【テラコッタカラー】が今秋メイクの流行色です♡

チーク・口紅も同系色が◎

こちらはチーク♡

cc
出典:https://img.fril.jp/

こちらは口紅♡

01ca4311
出典:http://livedoor.blogimg.jp/

秋のベースメイクはマットより【ナチュラル感】を重視!

pixta_21658603_m

今季の流行色を取り入れる場合【顔色がくすんでいる】と印象が一気に地味に、そして老けて見えてしまうので要注意!

実は、化粧下地で仕上がりが大きく変わります。

顔色をくすませない!化粧下地とは?

img10323922589
出典:http://item.rakuten.co.jp/

1、ピンク色の下地
2、パール入りの下地

つまり、最強は『パール入りピンク系色下地』です!

ピンク色は、くすみをカバーしてくれます。
そしてパールのキラキラが、顔をツヤツヤに見せてくれます♡

ファンデーションをどう塗れば【ナチュラル感】がでるのか?

makeup isolated on white

ファンデーションは1~5の順番でカバーする力がより強くなります。

(1) ウォーター
(2) リキッド
(3) クリーム
(4) パウダリー
(5) スティックタイプ

そして最後に『おしろい』つまりフィニッシュパウダーです。

夏は汗や皮脂で化粧崩れをすることも多いので、なるべく3~5のファンデーションがオススメでしたが、これからの時期は1~3でも大丈夫!

ですが今季はパウダリーが絶対オススメ♪

今季はマット感ではなく【ナチュラル感】が大切!

o0550036411815596511
出典:http://item.rakuten.co.jp/

ナチュラル肌の基本は、いかに自然かつ素肌っぽく見せるのかがポイント!

手やスポンジでファンデーションを塗ると、どうしても“マット感”に仕上がってしまいます。

▼そこでブラシを使用する!
ナチュラルメイクにするには『ブラシ』を使用するのがオススメ!
ブラシを使用すると細かい粒子が崩れることなく、肌にふんわりのってくれます。

これで自然な『ナチュラル肌』を作ることができます♡

唇はマットに仕上げる!

pixta_26105464_m

肌がナチュラルな分、口紅は濡れ感を出すマット風にしましょう♡
口紅は唇の全体に、グロスは唇の中心・内側にたっぷり塗ります。

唇が荒れて皮がむけちゃう・・・
この時期、夏の日焼けや乾燥から唇が荒れてしまう女子多発中・・・
口紅を塗ると、余計に皮が破けているのが目立ちますよね?

そんな時は!
ブラウン系の口紅を塗った上に、赤いグロスをたっぷりつけましょう♪

jibun

テラコッタカラーに意外と映えるカラフルなアイシャドウ

b0f2b84dc523d458d5e4fa97ef7dc8be33fd70f7.04.1.25.2
出典:http://item.rakuten.co.jp/

アイシャドウはポイントメイクを!

まぶた全体に塗ってしまうと、ちょっとギャル系に見えてしまいます。

そこで【ポイントメイク】をしましょう。

ポイントメイクとは・・・
★目尻と黒目(正面を向いているときの目線の位置)のまぶた上に、米粒程度の大きさをポンとのせるだけ!

この2か所だけで、不思議と目が大きく、そしてアイシャドウの色合いも引き立ちます。
他にも赤やグリーンという派手な色ほどこのポイントメイクが活かせます。
ぜひチャレンジしてみてください♪

まとめ:今秋メイクのポイント4つ!

あれも、これもと様々なメイクを取り入れるとギャル系になってしまったり、流行を取り入れたつもりが厚化粧になって今風とは逆に遠ざかる結果に……

引き算とかけ算メイクを取り入れましょう!

pixta_25594840_m

(1) マスカラ、つけまつ毛などで目元のメイクを濃くしすぎない。あえて目元はナチュラルに仕上げる
(2) 口紅とチークは同系色にする
(3) 派手な色合いのポイントアイシャドウをつけたら、あえてチークはつけない
(4) チークを使用する際は頬骨の1番上、目の下辺りにのせる。
●その下にブラウン系が強いチークを入れると顔全体が上に持ちあがって見える立体感が出ます。
●その際は、頬骨にのせるチークの色はブラウン系を抑えた明るめのピンクやオレンジ色を使用しましょう。

いかがでしたか?

髪色や小物と共にメイクも先取りして、秋を楽しんでくださいね♪

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

中根 千恵

中根 千恵

職業:Webライター。皆様に楽しく読んで頂ける、そして少しでも参考にして頂ける内容の書き手でありたいと思います♡資格/眼科検査技師/サービス介助士/食育インストラクター/メイクセラピスト

他の記事も読む

関連するキーワード一覧