2016年1月7日

彼氏を独占したくなる・・・嫉妬の感情を抑える方法

ついつい相手を独占したくなる、ちょっとしたことで疑ってしまったり嫉妬してしまうという人へ。

その感情を抑えるために、こんなことを意識してみましょう。

スポンサードリンク

そもそもなぜ嫉妬は生まれるの?

嫉妬してしまうという人は本当はしたくないのにしてしまうということが多いと思います。では、なぜ嫉妬って生まれるのでしょうか?

これは、自分と周りの人を比較した時に自分の方が劣っている、負けていると感じた時に生まれる感情と言われています。負けてしまったという気持ちが嫉妬へつながっていくわけですね。

また、嫉妬は競争とも深い関係があります。自分が周りよりも抜き出ていないといけないという思いも常にあるために、日々競争の中で過ごしていることにもなるんです。

嫉妬を抑えるためにできること3つ

嫉妬はいきなり止められるというものではありません。そこで、少しでもこの感情を抑えるためにできることを覚えておきましょう。それだけでも嫉妬心を持たずに済みます。その方法とは3つあります。

1.なぜ嫉妬してしまうのかということを探る

なぜ人は嫉妬してしまうのか。。。それは劣等感から来ていると言われています。自分が周りよりも劣っていると知った時に嫉妬心は生まれます。つまりは、ついつい比較ばかりしてしまうという人については嫉妬することが多い傾向にあります。
また、嫉妬しても解決につながるというわけではありません。たいていは自分が一方的に嫉妬して、相手を疑ってしまうという流れが多くなっています。日々の自分の過ごし方も嫉妬とは深い関係があるんですね。

2.人と比べることはほどほどに

嫉妬してしまうのは自分に嫉妬するということはまず少ないと思います。自分と相手がいて、その相手に対して嫉妬するというパターンが多いです。これは、自分と相手を知らず知らずのうちに比較してしまっているからです。そして、自分の方が負けていると感じると嫉妬心が生まれます。
そのため、他人と比べることをなるべく控えるようにしましょう。比べてばかりではいいこともありません。まずは自分としっかり向き合うこと。相手と自分を比べることばかりしていると、いつも優越感や劣等感を意識しておくことになってしまい、精神的にも負担がかかってしまいます。

3.依存のしすぎにも注意

嫉妬は劣等感や競争心からやってくると説明しましたが、実は依存しすぎることからも生まれてくる感情なんです。たとえば、カップルがいてお互い依存し合っている関係だとします。依存しすぎていると相手の行動1つ1つがきになってくるようになり、最終的には常に相手が何をしているのか把握していないと落ち着かなくなってきます。
そして、相手の日頃の生活を知ることで嫉妬してしまう感情が出てくるんです。純粋に相手のことをもっと知りたいというのであれば問題はないのですが、すべてを把握しておかないといけない、ちょっとでも離れている時に相手が何をしているか知っていないと嫌だという場合は依存しすぎになってしまっているでしょう。

嫉妬しないためには自分に自信を持つこと

嫉妬をまったくしないというのは難しいことです。ただ、ずっと嫉妬ばかりしていると気持ちの面でもしんどくなることが多いので、少しでも余計な嫉妬はしないで済むようにすることが大切です。

そこで、自分に自信を持つようにしてみましょう。これは、いきなりできることではありませんが、自分の好きなことを見つけて没頭してみたり、目標を決めてみたりといったことを考えるだけでも変えていくことができます。

自分を好きになって、楽しむことがとても重要なんです。

おわりに

 
嫉妬心を燃やさなくていいように、相手とちょうどいい距離感を保つことも大事なんですね。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

まりんこ

まりんこ

美容が大好きな20代女子。某大手企業のメディアサイトで、4年ほど執筆をやっています。ピュアラモでは、主に、美容・恋愛情報を中心に書いていきます!よろしくお願いします?

他の記事も読む

関連するキーワード一覧