2017年7月4日

実は怖い紫外線が与える肌へのダメージ!紫外線から肌を守る対策をご紹介!

夏本番までもうすぐ!

みなさん、紫外線対策していますか?この時期も十分日差しが気になりますが、真夏になるとよりいっそう日差しが強くなります。

日差しが強くなるにつれて紫外線も気になるこれからに向けて、紫外線対策をご紹介します!

▼全身脱毛33カ所 ⇒今だけ初月0円!!!▼
キャンペーンバナー

紫外線による肌へのダメージ

紫外線によるダメージといえば何を思い浮かべますか?

シミと答える方が多いと思いますが、シミだけではありません。

実は、老化の原因のうち約80%が紫外線と言われています。

紫外線のうち、波長が一番長い紫外線A波(UVA)は、肌のハリや弾力を司る真皮まで到達してしまいます。

つまり、真皮に存在するエラスチン線維やコラーゲン線維に影響を与え、ハリや弾力を低下させてしまうのです。

他にも、肌の水分が奪われることで肌が乾燥してしまい、くすみや小じわの原因になることも。

そして、紫外線を浴びることで活性酸素が発生します。この活性酸素が多く発生すると、健康な細胞に攻撃をしてダメージを与えてしまいます。

すると、エラスチン線維やコラーゲン線維などを分解する酵素の産生を促進させるのだとか。これも乾燥やしわ、たるみにつながります。

紫外線対策

ここからは紫外線対策をご紹介していきます。

・日焼け止め

紫外線対策として欠かせないのが日焼け止めですよね。

日焼け止めは一度塗れば、日焼けを防ぐ効果が長時間続くというわけではありません。汗や服の摩擦によりとれてしまうため、こまめに塗り直す必要があります。

そして、むらなく塗ることで日焼け止めとしての効果が発揮します。塗る量が少ないと、記載されているサンケア指数(SPF・PA)の効果を十分得ることができません。

おすすめ日焼け止めをご紹介していますので是非チェックしてみてください⇒私のおすすめの『UVケアアイテム』のご紹介♪

・パウダー

日焼け止めを塗った後、体にはボディパウダー、顔にはパウダータイプのファンデーションやフェイスパウダーをのせる事で、粉体が物理的に紫外線を反射させることができます。日焼け止めと合わせて使うことで、紫外線対策を強化できます!

・日傘

日傘の色によって紫外線防止効果が異なります。黒は紫外線を吸収し、白は反射させます。

日傘の内側が白だと、地面で反射した紫外線が日傘の内側によってさらに反射され、紫外線を浴びることになります。よって、白よりも黒の方が紫外線から守ってくれると言えます。

・アームカバー

アームカバーも日傘と同様、白などの明るい色より黒がおすすめ。

外出時は、日焼け止めとアームカバーを合わせて使うと、どちらか単体で使うよりも紫外線防止効果がアップします。

・自動車の窓に紫外線対策

紫外線は窓を透過してしまいます。よく運転される方は顔の右側や右腕に注意!日焼け止めやアームカバーで対策することはもちろん、自動車の窓にも紫外線対策をしましょう!

手軽に紫外線対策をしたい場合は、窓に貼り付けるだけの車用サンシェードを、しっかり紫外線防止効果を得たい場合はUVカットフィルムがおすすめ!

おわりに

紫外線は1年中降り注ぐため、オールシーズン対策が必要です。特に、1年の中でも一番紫

外線が強い夏は、対策を徹底しましょう!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

akane

akane

日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ・美容薬学検定1級・コスメマイスター・スキンケアマイスター合格、登録販売者取得。美容が大好きで幅広い範囲を勉強してます。薬学も勉強してましたので美容・薬学(登録販売者の範囲)・健康に関するコラムを発信していこうと思っております。よろしくお願いします!

他の記事も読む

関連するキーワード一覧