2016年12月10日

清楚にも小悪魔にもなれる!赤い口紅にチャレンジしてみませんか?

どこか1ヶ所だけメイクをするとしたら、どのパーツにしますか?
この質問をすると、眉、もしくは、まつ毛と答える人が多いですね。

ところが、ファンデーションを塗っていなくても、マスカラを使わなくても、リップメイクさえきまっていれば、なぜか、フルメイクに見えるものなのです。
とくに、インパクトの強い赤い口紅を使いこなせるようになると、セクシーで知的な、いい女に見えるものですから!

▼今だけ初月0円!!全身脱毛するならキレイモ♪▼
通常

なぜ、いまさら赤い口紅?

pixta_26105544_m

10代から20代前半の若い世代の女性は、口紅を持っていない人が増えているそうです。
リップメイクは、グロスだけだったり、ヌーディーな唇の流行が長く続きました。

目元に重点をおくのであれば、唇はひかえめに。
といわれてきましたが、顔の中でもっとも頻繁に動くのは、むしろ眼よりも唇。アイメイクの1ミリ単位にこだわるよりも、口元のメイクを変えるほうが、顔全体の印象が変化するものなのです。

唇に色をそえると、顔がパッと華やぎ、全身のイメージが変わることから、近年ふたたび赤い口紅のよさが見直されています。

紅をさす

pixta_18468872_m

古来、日本人のお化粧は、赤と黒と白の3色のみを使用していました。
今でも舞妓さんや歌舞伎役者の化粧法を見ると、白い肌の上に、効果的に紅をさし、唇の愛らしさと、あでやかさを強調しています。

もちろん、一般の女性と白塗りのメイクでは、考え方がことなります。
とはいえ、赤い色彩は生命力の象徴。インパクトの強い色味で、唇をそめることにより、顔色があかるくなり、黒目の輝きや鼻筋もきわだつ効果があるのです。

赤い口紅を使いこなすには?!

Sexy Beauty Girl with Red Lips and Nails. Provocative Make up. Luxury Woman with Blue Eyes. Fashion Brunette Portrait isolated on a white background. Gorgeous Woman Face. Long Hair

はじめて濃いめの色彩の口紅をチョイスするという場合、いったい、どうやって使ったらよいのか、迷うのではないでしょうか?

唇だけが悪目立ちして、おばけのようにならないかと、不安になるかもしれませんね。

近年、とくに外資系のブランドから発売されたリップステックは、どれも発色のよさと同時に、透明感があって、以前のような古臭さと息苦しさを感じません。
見た目は強い色彩でも、使ってみると、唇の色素にあわせて発色するため、ごく自然に、じぶんに似合う色味に調和してくれます。

それでも、まだインパクトの強さに抵抗がある場合は、唇全体に色をのせたあとで軽めにティッシュオフをして、無色透明のグロスで薄めてみてはいかがでしょうか?

さらに、カジュアルに使いこなしたいときには、あえてムラをつくりながら、指で色を唇においていくと、独特のニュアンスが生まれますよ。

赤は、ひといろではない?

Beautiful blond fashion girl with flowers on neck and in her hair, wet Nude makeup. Beauty face.

」といっても、黄みをふくんだ赤、紫がかった赤、ブラウン系の赤など、本当にバライティーゆたかにそろっています。

西洋人にくらべて東洋人は、繊細な色彩感覚を持っているといわれています。
とくに、日本人は微妙な色を見分けるのが得意な民族のようです。
そのせいでしょうか。
一見おなじ色に見える口紅でも、メーカーがことなると、わずかな色味と質感がちがうので、奥が深いものだと感心させられました。

いろいろと試しながら、ときに失敗しながら、この冬は、あなただけのシンデレラカラーを見つけてみてくださいね。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

有朋さやか

有朋さやか

新聞や雑誌の読者投稿を経て、ライターに転向。現在は、短歌を紹介するエッセイや、地球環境にまつわるコラムを、多数のメディアに寄稿しています。1982年生まれ。岡山県在住。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧