2016年5月10日

あなたの見た目は大丈夫?「人は見た目が9割」って本当?

人は見た目が9割」と、良く言われていますが、これは本当なのでしょうか?

この疑問に対する答えは、正直な所、本当です。

だからと言って、「整形して美男美女に変身しなくてはならない」と言う事では、決してありませんん。

ここで言われる「見た目」とは礼儀作法や、身だしなみなどの、人の目に付きやすい、「外側の自分」と言う事です。

自己紹介は大きな声で

YUKA160322000I9A4287_TP_V

職場や学校など、様々な場面で、初めてお会いする方には「自己紹介」をする事が多いと思われます。

その様な場面で必要なのが「大きな声」です。

応援団のように張り上げる必要はありませんが、口角を上げて、口を大きく開き、背筋をまっすぐに伸ばす事で、自然と大きな声で、トーンも高く、生き生きとして見えてきます。

その為、最初のイメージがとても印象深くなるので、直ぐに名前と顔を覚えてもらう事が出来ます。

この様に聴覚的なイメージは、人間の脳内の記憶の部分に置いては「4割」も占めてしまうのです。

身だしなみと姿勢は大切

428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_s

では、残り5割は何を基準に、人の価値観を変えて行くのでしょうか。

それは、その言葉通り「見た目」が重視されます。

ここで勘違いしやすいのが、「美人にならなければ」「私はブスだから」と言う、顔の部分にとらわれがちですが、そう言う事ではありません。

髪型や服装をきちんと整え、姿勢よく立つだけで、人の見た目の印象は、がらりと変わるものです。

もし自分にコンプレクスを持っていて、うつむきがちになっているとしたら、それは逆効果です。

自信が無い人程、しっかりと目を見開いて、姿勢よく立居振る舞う事で、「見た目5割」のイメージを、印象深いものにしてくれるのです。

おわりに

今回お話した内容は「メラビアンの法則」と呼ばれ、多くの企業などの研修でも広く使われています。

是非日常生活に活用してみて下さい。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

Rikitan

Rikitan

1971年7月15日生まれ。 普段は、6人と4匹の猫と暮らす家族の主婦です。 Webライター&小説家としても活動しています。 素敵な女性になれる話題を、発信してきたいと思っておりますので、 どうぞ宜しくお願い致します。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧