2016年10月28日

これで日中の乾燥対策バッチリ!~冬におすすめMAQuillAGEの化粧下地~

朝晩は冷え込み、日中は暖かかったりちょっと寒かったり。それでもまだ過ごしやすいかな?というような季節です。
が、それも束の間。あっという間に乾燥が気になり始める冬がやってきます。朝晩しっかり保湿ケアをしても日中は乾燥する。そんな経験ありませんか?

今回は、日中でも保湿ケアをしてくれる化粧下地を紹介します。

スポンサードリンク

MAQuillAGE(マキアージュ) ピーチチェンジベースCC

こちらはCCクリームで、日中用美容液としても使える化粧下地です。

クリームを手に取りだしてみると、白っぽいクリームの中に小さな粒のようなものがあります。
この小さな粒がカラー成分で、肌にのばすとカラー成分がなじんで、クリームがほんのりピンク色になります。
血色感のある明るい肌にしてくれるのでくすみもカバーしてくれます。

保湿成分として、スーパーヒアルロン酸・グリセリン・水溶性コラーゲン・グルコシルヘスペリジンが配合
肌あれを防ぐ成分として、スキンケアパウダーRも配合されているそうです。

SPF25・PA+++なので紫外線からもお肌を守ってくれます。

btn

MAQuillAGE(マキアージュ) パーフェクトマルチベースBB

こちらも日中用美容液として使える化粧下地。BBクリームです。

現在ライトとナチュラルの2色があります。ナチュラルは今年の8月に発売された新色です。
毛穴や色むらのカバーをしながら、ツヤもあたえてくれます。

個人的な意見になりますが、太陽などの強い光を顔に照らすと、鼻筋や目の下あたりなどのツヤがほしいところに綺麗なツヤ感が一気に引き出されるので私自身お気に入りのBBクリームです。
厚塗り感もなく素肌っぽい肌を演出してくれます。

SPF30・PA++。

btn

CCクリームとBBクリームの違いって?

pixta_25589214_m

CCクリームはメーカーによって意味がちがいます。基本的には、肌の色みを整えてくれるものです。

そしてBBクリームよりも仕上がりが軽いので素肌感のある肌にしたいならCCクリームを。

BBクリームとリキッドファンデーションは似ているけど違いは?

pixta_19363417_m

配合成分はメーカーによって異なりますが、BBクリームは保湿成分などを配合して日中用美容液として使えますし、化粧下地として、紫外線から守る日焼け止めとしても使えます。

リキッドファンデーションは日焼け止め効果やカバー力はありますが、BBクリームのような日中用美容液や化粧下地としては使えません。

基本的にカバー力はBBクリームの方が劣りますが、ちょっとカバーしつつ軽めに仕上げたいなというときはBBクリーム1つで充分です。

おわりに

pixta_21658603_m

私はファンデーションが苦手なので、今回紹介した、CCクリームとBBクリームを両方使用しています(笑)

CCクリームを化粧下地、BBクリームをリキッドファンデーションというような感覚で使っています。

肌の調子が良いときはCCクリームのみで、ちょっと今日はツヤ感足りないなーっていうときはCCクリームの上にBBクリームを塗ってツヤ感アップさせます。

CCクリームよりカバー力はあるので個人的にはBBクリームをリキッドファンデーションと同じような感覚で使っています!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

akane

akane

日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ・美容薬学検定1級・コスメマイスター・スキンケアマイスター合格、登録販売者取得。美容が大好きで幅広い範囲を勉強してます。薬学も勉強してましたので美容・薬学(登録販売者の範囲)・健康に関するコラムを発信していこうと思っております。よろしくお願いします!

他の記事も読む

関連するキーワード一覧