2016年4月18日

【夏が来る前に改善!】デリケートゾーンの黒ずみケア♪原因と対策方法

みなさん、デリケートゾーンのお手入れしていますか?こっそりチェックするしかありませんが、もしかしたら黒ずみになっているかもしれません。

黒ずみの原因と対策方法を見ていきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみ、3つの原因

Unrecognizable woman in white panties with liposuction outlines.Isolated

気がついたらデリケートゾーンが黒ずんでいる、これじゃ水着も着れないと慌ててしまうこともあるでしょう。では、デリケートゾーンが黒ずみになるのは何が原因なのでしょうか?

1.デリケートゾーンは刺激や摩擦に弱い

デリケートゾーンはその名の通りとてもデリケートな部位になります。下着などの刺激や摩擦にとても弱いんです。
さらに、カミソリや脱毛での処理の繰り返しによって受けたダメージでも黒ずみが起こりやすくなります。
下着の質やデリケートゾーンのお手入れ方法によって簡単にダメージを受けてしまう部位ということですね。

2.圧迫によっても黒ずみになりやすい

デリケートゾーンは摩擦以外の圧迫によっても黒ずみになりやすいと言われています。この圧迫というのは、下着などで締め付けられていることを示しています。
座っているとさらに下着をデリケートゾーンにくっつけることになるので、その結果黒ずみを招いてしまっているかもしれません。

3.ホルモンバランスの乱れも関係している

さらに、ホルモンバランスの乱れも黒ずみを招くと言われています。不規則な生活や食習慣をしているとすぐにホルモンバランスは崩れてきます。
ターンオーバーもスムーズにできなくなるので、古い角質が残ったままになり黒ずみへとなっていきます。

黒ずみの対策方法をご紹介

pixta_13445697_m

できてしまった黒ずみをどんなふうに対策していくかという方法を4つ紹介しましょう。

1.しっかりと保湿

乾燥によっても黒ずみはひどくなります。そこで、しっかりと保湿をしていきましょう。ボディクリームを塗るなどお風呂上がりのケアを加えてみましょう。

2.洗い方にも注意

デリケートゾーンはしっかりと汚れを落としたいからついゴシゴシと洗ってしまいますが、これはよくありません。ボディソープで強くこすったり、タオルがナイロン製であったりすると刺激が強すぎます。
余計に黒ずみを作ってしまうことになるのでやさしくお肌にいいものを使って洗うようにしましょう。

3.お肌のターンオーバーを正常化させていく

ホルモンバランスが乱れるとお肌のターンオーバーも乱れていくという話が出てきました。これによって黒ずみが思うようになくなっていってくれないので、生活習慣に気をつけてターンオーバーを正常化していくことが大切です。食事内容に気をつけたり、夜は早めに寝るといった生活を見直してみましょう。

4.デリケートゾーン用の美白クリームを使う

最近はデリケートゾーン用のコスメも多く登場しています。そこで、どうしても黒ずみが気になるという時は、デリケートゾーン用に開発された美白クリームを使ってみましょう。こちら→『イビサクリーム』が人気です。お肌に優しい成分でかつ黒ずみをケアしてくれるものが入っているので、効率よく黒ずみを消していくことができるでしょう。

■関連記事
【すそわきがのニオイ対策に】おすすめのデオトランドグッズ5選
【男性が嫌がる臭い1位】「すそわきが」のチェック方法と対策
【デリケートゾーン対策】すそわきがの治療法と費用について

おわりに

デリケートゾーンの黒ずみ、放置しているとそのまま残っていってしまいます。気がついたときにこのような対策を取ってみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

まりんこ

まりんこ

美容が大好きな20代女子。某大手企業のメディアサイトで、4年ほど執筆をやっています。ピュアラモでは、主に、美容・恋愛情報を中心に書いていきます!よろしくお願いします?

他の記事も読む

関連するキーワード一覧