2017年2月13日

ファンデーションの厚塗りから卒業!~毛穴ケアの知識~

開いて目立つ毛穴、黒ずんでいる毛穴、たるみによって目立つ毛穴…。毛穴で悩んでいる方も多いと思います。

ベースメイクで隠そうと思えば思うほどファンデーションが厚塗りになってしまったり。

今回は毛穴の種類やその原因、毛穴ケアを紹介します。

▼全身脱毛なら初月が安い【ラ・ヴォーグ】▼
新店舗

まずは基本的な皮膚の構造から

目に入る皮膚の表面には皮溝と皮丘があります。皮溝はその名の通り溝です。その溝は細かく網目状になっています。皮丘は網目状になっている皮溝に囲まれた四角形または、ひし形の形をした皮膚が高くなっているところです。

そして皮丘の真ん中に汗の出口である汗孔、皮溝がちょうど交差しているところに毛の出口である毛孔があります。ちなみに皮溝の幅と深さによって肌のキメが変わってきます(幅が狭く、浅すぎず深すぎない適度な深さだときめ細かい肌)。

皮膚は3つの層から成っていることはご存知ですか?外側から順に、表皮・真皮・皮下組織の3層です。さらに表皮は、角層・顆粒層・有棘層・基底層の4つの層からなります。

表皮の役割は、感染から守るためのバリア機能、表皮のターンオーバー(皮膚の生まれ変わりを担っている)、乾燥から守るための水分保持。

真皮の役割は、ハリや弾力を保つこと、皮脂や汗を分泌する皮脂腺や汗腺などの器官も真皮に存在します。

皮下組織には、血管やクッションの役割をする脂肪があります。

皮膚の付属器官である毛と皮脂腺

まず毛は、皮膚の外に出ている目に入る部分を毛幹、皮膚の中に入っている毛の根本の部分を毛根、毛根を包んでいる組織を毛包と言います。

その毛包に皮脂を分泌する皮脂腺がついています。毛が生えているところには必然と皮脂腺が存在します(毛孔がない手のひらと足の裏には皮脂腺はありません)。

毛穴の種類

基本的な皮膚の構造を説明したので、ここからは毛穴の種類を説明していきます。

➀開き毛穴

皮脂の過剰分泌によって毛穴が開いた状態です。顔全体ですが、特に鼻周りが目立ちやすくなります。

⓶詰まり毛穴

角質の肥厚が原因。皮脂や汚れなどが混ざると角栓となります。その角栓が酸化されると黒い塊となります。鼻の頭の毛穴が黒く見えるのは酸化された角栓。詰まり毛穴は、Tゾーンが目立ちやすく、特に鼻の頭などの鼻周辺が目立ちやすい。

③たるみ毛穴

ハリや弾力が低下し、たるむことで毛穴同士が帯状につながってしまう状態です。特に頬の毛穴が目立ちます。

毛穴の種類ごとのお手入れ

➀開き毛穴のお手入れ

・余分な皮脂をティッシュでオフ
・洗顔で清潔に(洗顔のし過ぎは乾燥を招くので×)
・油分の少ない基礎化粧品で保湿ケア

⓶詰まり毛穴

・クレイ洗顔(クレイは毛穴に詰まった皮脂や汚れを吸着してくれます)
・酵素洗顔(たんぱく質や脂肪を分解することで余分な皮脂や汚れ、古い角質を取り除
いてくれる)
・洗顔前にホットタオルで毛穴を開かせて詰まった皮脂や汚れを取り除きやすくする

③たるみ毛穴

・ハリや弾力を保つ役割をしている真皮に働きかけることが大切
・レチノール(コラーゲンの生成を促す働きがあるといわれています)、ビタミンC誘導体(抗酸化作用、コラーゲンの生成を促す働きがあるといわれています)などが配合された基礎化粧品でケア
・表情筋を鍛える

おわりに

ニキビも嫌な肌トラブルですが、毛穴に関する肌悩みもなかなか厄介です。

どんな毛穴の種類でも普段からのお手入れが大切なのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

akane

akane

日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ・美容薬学検定1級・コスメマイスター・スキンケアマイスター合格、登録販売者取得。美容が大好きで幅広い範囲を勉強してます。薬学も勉強してましたので美容・薬学(登録販売者の範囲)・健康に関するコラムを発信していこうと思っております。よろしくお願いします!

他の記事も読む

関連するキーワード一覧