2016年7月19日

「足かせ」を外すと世界が変わる。

誰にでも、色んな理想があります。

美人になりたいとか、痩せたいとか、お金持ちになりたいとか、成功したいとか。

そんな無謀なこと言っても無理だけどね。そんな風に思っているあなた、ちょっと待ってくださいね。あなたの足には見えない「足かせ」が付いているかも。心理学の講座などでは良く、思い込みの例として「象の足かせ」の話を耳にします。

象の足かせのお話、あなたは知っていますか?

lgf01a201303182200

サーカスで飼われている象。賢くて色んな芸をするわけですが、子像のときに一番始めに教えられることが、逃げ出さないようにすることです。大きな象が逃げ出してしまっては、大変なことになってしまいますよね。

どうやって逃げ出さないように訓練するかというと、足に重いおもりとチェーンを足にはめて、逃げ出さないよう訓練されます。逃げようとすると、チェーンが足に食い込むので、次第に逃げようとしなくなります。そこで象は「逃げたら痛い思いをする」と学ぶのです。

その象が次第に成長し、大人になってからは、重いおもりをとって、チェーンだけにします。重いおもりがなくなるので、逃げようと思えば逃げられます。

しかし、象は逃げようとはしません。さて、それはなぜでしょうか。

象は、もう無理なことだと知っているからです。
象は、どうせ逃げられないだろうと諦めて、もう逃げようとはしないからです。

諦めを通り越して、どうせ痛いし逃げられないと知っている(思い込んでいる)状態になっているのです。小さい頃から無理だと思い込んでいると、それを覆そうという考えすら怒らなくなるのです。象のみならず、もちろん人間も同じです。

あなたの足には、どうでしょう。もしかしたら、おもりのついていない足かせがついているかもしれません。

おもりのついていない足かせが付いたままになっている人、つまり、子どもの頃に無意識に「無理だ」と学習してしまっている人は、大人になって、挑戦することすら思いつかないのです。

だってどう考えても無理なんだもん
自分はここまでしかできないから、きっとこれはできない

と勝手に脳が思い込んでしまうのです。

年齢を重ねれば重ねるほど、学習し、挑戦しづらくなり、冒険もしにくくなります。でも、全員にまだチャンスがあります。

lgf01a201311210000

まだやりたいことで人生を迷っている人がいたら、もう、足かせのおもりは外れているかもしれない、ということをお伝えしたいのです。歩き出してみたら、実はおもりが外れているかもしれません。意外と簡単にこなせてしまうかもしれません。

あなたの諦めていたことを、もう一度思い出して挑戦してみてはどうでしょうか。あなたの見えない足かせが外れますように。

Twitter:@ionnnabot

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

いい女.bot

いい女.bot

いい女.bot 作家。「いい女になるための心にささる一言」をテーマにTweetを開始。現在フォロワー数は30万人、幅広い年齢層の女性から支持を受けている。著者累計は12万部を突破。著書に「いい女.book 磨けば磨くほど女は輝く」 (Discover21)、「いい女.ダイエット」(主婦の友社)などがある。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧