2016年1月27日

女性なら知っておくべき!『女性ホルモンについて』

女性はホルモンの影響を大きく受けています。月経・排卵・月経前の肌荒れや精神的不安定などは女性ホルモンが関わっています。

女性ホルモン以外のホルモンと言えば、子供の成長や大人の肌などの組織を修復するための役割を担っている成長ホルモンです。

ここでは女性ホルモンについてお話します。

▼全身脱毛33カ所 ⇒今だけ初月0円!!!▼
キャンペーンバナー

女性ホルモンって?

pixta_20453828_m

まず女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。エストロゲンとプロゲステロンはそれぞれ働きがあります。エストロゲンは月経後に増えてきます。

働きとしては、コラーゲンを増やし水分を保持することで肌にうるおいやハリを出す・自律神経を整える・子宮内膜を厚くさせ妊娠の準備をする・骨形成を促す・基礎体温を下げます。エストロゲンが過剰分泌することで、子宮筋腫ができやすくなったり悪化したりする可能性があるとのこと。

プロゲステロンは排卵後に増えてきます。働きとしては、受精卵が着床しやすい状態にする・乳腺の発達・妊娠の維持・体内の水分保持・基礎体温を上げます。

マイナスな面と言えば、プロゲステロンの働きで皮脂分泌の働きが盛んになることでニキビができやすくなったり、むくんだり、精神的に不安定になったりなど。どちらかが多ければ良いというわけではなくエストロゲンとプロゲステロンのバランスが大事です。

月経周期

pixta_13445697_m

月経周期の数え方は、月経開始日を1日目と数えて次の月経開始日の前の日までが月経周期です。例として月経周期が28日とすると、最初の7日間は月経期間。月経が終わってからエストロゲンが増えていき、この時期は肌の調子も良いです。

そして排卵期に入ります。排卵前の3日間と排卵日と排卵後の1日目の合計5日間が最も妊娠しやすい時期だと婦人科の先生から聞いたことがあります。ここまでは低温期です。排卵後は基礎体温が上がり高温期に入ります。高温期ではプロゲステロンが増えていき、肌荒れや精神的不安定など調子が悪く感じます。

これは月経前症候群(PMS)と言います。個人差はありますがこの月経前症候群は高温期の約14日間が起こりやすいとのことです。そして妊娠しにくい時期は、高温期に入って約4日後から次の月経までとのことです。これらの低温期や高温期・月経開始日予想・妊娠しやすい時期しにくい時期などは基礎体温をつけることでわかります。

ただし、基礎体温だけで確実に避妊できるとは言えません。私の場合、基礎体温を付け始めてから、自分の身体のリズムがわかってきました。

高温期の時期に基礎体温を測って体温が急に下がると「今日ぐらいに生理きそうだな」と予想ができます。自分の身体のリズムを知るため基礎体温の記録をつけることをおすすめします。

ホルモンバランスを整える

pixta_24515179_m

女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンはバランスが大事です。エストロゲンはコラーゲンを増やし水分を保持することで肌にうるおいやハリを与えます。

美容に嬉しい作用があるのでエストロゲンがたくさん増えれば良いと思いがちですがそうではありません。エストロゲンが過剰に増えることで子宮筋腫や子宮内膜症などの病気の発症リスクが高くなる可能性があります。

バランスが正常の場合、プロゲステロンがエストロゲンの作用を抑えるので正常な状態を維持するのだとか。そのためプロゲステロンが少なくてもダメなのです。

女性ホルモンのバランスが乱れる原因としては冷えやストレスなどがあげられます。冬はもちろんですが、夏でも冷房で身体が冷えるので気を付けてください。冷たい飲み物やアイスクリームなどで身体を冷やさないようにしてください。

私は温かいローズヒップティーやココアを飲むようにしています。そしてストレスをためないようにすることです。ヨガやストレッチ、アロマや読書など自分にあった方法を実践してリラックスしてください。

睡眠不足もバランスが乱れる原因となるためできる限り早く寝るようにしましょう。規則正しい生活が大事です。女性ホルモンを活性化させるための食べ物は、チョコレートや植物性エストロゲンと言われているイソフラボン(大豆・豆腐・豆乳など)、ビタミンEが含まれているアーモンドや落花生・かぼちゃなどが良いと言われています。

過剰摂取は避けて、適度に摂取することが大事です。私はココアの粉を豆乳で溶かして飲んでいます。イソフラボンとカカオポリフェノールを同時に摂取できるので効率が良いです。

おわりに

 
女性ホルモンについて理解することはとても大事です。

女性はホルモンの影響を大きく受けているため自分の身体のリズムを知ることでどのような事に気をつけたらいいのか少しずつ分かってきます。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

akane

akane

日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ・美容薬学検定1級・コスメマイスター・スキンケアマイスター合格、登録販売者取得。美容が大好きで幅広い範囲を勉強してます。薬学も勉強してましたので美容・薬学(登録販売者の範囲)・健康に関するコラムを発信していこうと思っております。よろしくお願いします!

他の記事も読む

関連するキーワード一覧