2017年6月25日

【関東編】都心で人気の花火大会2017年情報

いよいよ夏の到来。夏といえば、何を思い浮かべますか?夏祭り、海、プール、そして花火。花火を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。
花火といえば、カップルでも女子会でも楽しめる夏一押しのイベントと言えるでしょう。ここでは、都心で開催される2017年の気になる花火大会情報を詳細にお伝えします。

参考にして行きたい花火大会を逃さないでくださいね!

▼今だけ初月0円!!全身脱毛するならキレイモ♪▼
通常

ロマティックに見たいなら7/15(土)7/16(日)横浜スパークリングトワイライト2017

横浜の花火といえば、やっぱり山下公園、赤レンガなどのレトロな街並みですよね。神奈川新聞花火大会が中止となった今では唯一、横浜の都心で見られる花火大会。ぜひ足を運びたいですよね。ステージやイルミネーション、飲食ブースなど、お祭りムードが満点です。土曜日曜両日ともに打ち上げられる花火は嬉しいですよね。2017年は7月15日(土)16日(日)19:30-20:00です。短い時間に3,000発打ち上げられる花火なので見逃さないようにしてくださいね。

アクセス:元町・中華街駅から徒歩3分

水中花火が幻想的!7/19(水)鎌倉花火大会

夏の始まりに見たいのが、鎌倉花火大会です。鎌倉の花火は、水中から打ち上げられて圧巻です。一時間弱の短い花火ではありますが、約50分の間に2,500発もの花火が打ち上げられますよ。カップルでぜひ見たい花火です。また、鎌倉の海岸付近は最近とってもおしゃれ!昼間はカフェ巡りデートを行い夜はロマンティックに花火鑑賞♡そんなデートコースもいいですよね。2017年7月19日(水)19:20-20:10開催で荒天時には中止。晴れることを願いましょう!

アクセス:由比ヶ浜駅又は和田塚駅から徒歩分

東京で一番乗り!7/22(土) 足立の花火

毎年東京で一番早い花火として有名な足立の花火大会。もちろん2017年も一番早い開催です。2017年は7月22日土曜日19:30-20:30を予定。ちょうど梅雨明け頃で夏本番開始の時期ですよね。足立の花火の見所は、約1時間で1万2000発も上がるところ。足立の夜空を幻想的に彩ることでしょう。花火の舞台は荒川河川敷です。大勢の人で賑わいますが、鑑賞の穴場スポットは千住側の土手です。カップルや女子会でロマンティックな一夜を過ごしてみませんか?

アクセス:北千住駅or梅島駅or小菅駅or五反野駅から徒歩15分

下町情緒溢れる!7/25(火)葛飾納涼花火大会

江戸川で開催される葛飾納涼花火大会。2017年は記念すべき51回目の開催です。下町情緒溢れる花火大会で昨年は50万人以上が足を運びました。2017年は一発目にナイアガラの滝をイメージした花火が上がるのだとか…。見逃したくはないですよね。その他、世界花火師競技大会で1位に輝いた花火師の花火の打ち上げが見られますよ。打ち上げ数は約1万3,000発。開催は、2017年7月25日(火)19:20〜20:20です。荒天の場合には、翌日7月26日(水)に順延。平日ですが、ちょうど夏休み初日くらいでしょうか。是非カップルで浴衣姿で訪れたい花火大会です。

アクセス:柴又駅から徒歩10分

東京の花火といえば!7/29(土)隅田川花火大会

隅田川の花火大会といえば東京の花火大会の代名詞とも言える存在ですよね。格式高く伝統のある花火大会です。享保18年江戸中期に始まった花火大会に由来しています。会場は二手に別れ、第一会場では、花火コンクール200発が打ち上げられます。その他1万350発が打ち上げられ圧巻です。第二会場では、1万1,650発が打ち上げられるので、是非見てみたいものですよね。2017年は7月29日(土)19:05〜20:30開催です。小雨でも決行されますが、晴れることを祈りましょう!延期の場合には、翌日の7/30(日)に順延予定です。

アクセス:第一会場→浅草駅から徒歩15分
第二会場→蔵前駅から徒歩5分

エキサイティング花火大会!8/5(土)江戸川花火大会

江戸川花火大会も見逃せないですよね。江戸川区と千葉県市川市で同時開催する花火大会。見所は、最初の5秒で打ち上げられる1,000発の花火です。エキサイティングすること間違いなし!2017年は8月5日(土)19:15〜20:30開催で1万3,000発の花火が8種類の演出で観客を魅了します。荒天の場合には、8/6(日)に順延です。

アクセス:篠崎駅から徒歩15分

5寸玉が圧巻!!8/5(土)いたばし花火大会

Ryuさん(@ru_rsv43)がシェアした投稿

東京の花火で迫力のある花火といえば、いたばし花火大会も有名ですよね。前半部の優秀な花火師10名により芸術玉は夜空を美しく彩ります。又、後半部の地元愛溢れる「みんんで1つに!いたばし大3本締め」の合図とともに打ち上げられる5寸玉花火も見もの。2017年は8月5日(土)19:00-20:30に開催予定です。荒天時には8/6に順延されます。1万2000発の迫力満点な花火を見にいたばしに集まりましょう。

アクセス:浮間船渡駅から徒歩20分

お知らせ!神奈川新聞花火大会はしばらくの間中止

薫子さん(@ichimoji_z)がシェアした投稿

神奈川県を代表する花火大会である「神奈川新聞花火大会」は2017年は中止が発表されています。理由は、みなとみらい地区の開発が進み、観覧先を確保できないため。残念なお知らせに落胆した人もたくさんいることでしょう。神奈川県を代表するみなとみらいに打ち上げられる花火に魅了された人も大勢いるはず。今後の整備に期待するしかありませんよね。

日本三大花火大会の1つ!10/7(土)土浦全国花火競技大会

実は隠れた名花火大会である土浦全国花火競技大会をご存知ですか?毎年10月に開催される珍しい花火大会です。実はこの花火大会は花火の競技大会なんですよ!この花火大会で優秀な成績を収めた花火が翌年の隅田川などの花火大会に打ち上げられる仕組み。夏の花火がお仕事などの都合で見られない場合には、秋に開催される土浦全国花火競技大会に出向くのもいいでしょう。茨城県ですが、つくばエクスプレスなどでアクセスも良好です。2017年は10月7日(土)18:00から開催予定。荒天の場合には、10月8日に順延です。打ち上げ数はなんと20,000発!年によっては25,000発打ち上げられる年も。

アクセス:土浦駅から徒歩30分(シャトルバスで10分)
つくば駅から徒歩1時間40分(路線バスがおすすめ。ただし、交通規制があるため、早めの移動がいいでしょう)

まとめ

いかがでしたか?都心で人気の花火大会情報をお伝えしました。気になった花火大会がありましたよね。
花火大会には、是非浴衣に身を包んで大好きな彼氏と一緒に「たまや〜」と叫びながら鑑賞してみてください。きっと夏の良い思い出になることでしょう。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

angel1

angel1

3人の子供の母です。元ネットワークエンジニアで現在では、育児をしながらライティングのお仕事をしています。恋愛や夫婦関係、育児、ファッション関係のコラム記事が得意です。自身の経験で得意分野のコラムを書いていきたいと思います。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧