2016年5月12日

【五月病女子が急増中!】やる気がしない・・・本当は怖い五月病

五月病、このくらいの時期になるとよく聞きますよね。

五月に入り、連休が明けたころから急にやる気がなくなったり眠れなくなったりというのが
よく知られている五月病ですね。
正式に五月病という病気はなく、「適応障害」「うつ病」と診断されます。

この四月から仕事を始めたり、進学したりと環境の変化があった方は特になりやすいとされています。

▼全身脱毛なら初月が安い【ラ・ヴォーグ】▼
新店舗

環境の変化はなかったけど…

PAK57_konoatodoushiyoukanato_TP_V

特にこれといった環境の変化もなかったのに、なぜか気だるかったり食欲がなくなってしまったり
という方は五月病になりやすい性格なのかもしれません。

五月病になりやすい性格というのは

  • 完璧主義
  • こだわりが強い
  • 内向的
  • 几帳面

です。

なりやすい性格の方は、五月病からずるずると本格的なうつ病になってしまうこともありますので、
対策をとる必要があります。

五月病かな?と思ったら

TAKEBE160224090I9A0398_TP_V

以下のような方法で気分転換やリラックスをすることで、五月病の対策をすることができます。

  • 好きなスポーツや娯楽を楽しむ
  • よく眠る
  • 入浴
  • 音楽を聴く
  • アロマテラピーなどリラクゼーション
  • 美術館や博物館などに行く
  • 小旅行にでかける
  • 新しい目標を見つける
  • 友人に話を聞いてもらう

五月病になりやすい性格の方は、この方法で予防もできると思います。

五月病は、一過性の心身の不調なので環境になれる1か月から2か月ほどでおさまるといわれていますが、
それを過ぎてもまだあまり調子が良くならないようであれば本格的なうつ病になっている可能性があります。

うつ病について

TAKEBE160224300I9A0331_TP_V

よく聞くけれどよくわからないのがこの病気です。

症状は

  • 憂鬱な気分がずっと続く
  • 楽しめることがなくなった
  • 睡眠になんらかの問題がある
  • イライラする
  • 自分を責める、自分を無価値だと思う
  • 思考力が落ちる
  • 死にたくなる
  • 表情が暗い
  • 涙もろくなった
  • 飲酒量が増える
  • 落ち着かない

など様々です。

周囲から見ても様子が違うと感じることがあります。
放っておいていいことはありません。
うつ病かなと思ったら精神科や心療内科の受診をお勧めします。

敷居が高いな、と思ったらかかりつけの内科や地域の保健センターなどでも
話を聞いてもらえることがあります。(自治体で異なるので要問合せ)

こころの健康相談統一ダイヤル(0570-064-556)
に電話すれば近くの公的な相談窓口と通話できますのでこちらも
活用されるとよいと思います。

おわりに

いかがでしたか?

放っておくとうつ病になってしまう意外と怖い五月病。
心当たりがある方は早めに対策をしましょうね。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

NS

NS

紹介;4歳の娘がいるアラサーです。 最近の悩みは太ってきたこと。 そりゃ夜中にポテトチップス食べてたら太りますよね~ ということで、関心はもっぱら「楽して痩せる!」 記事書きながら痩せることを目標に頑張ります。 あとは、家事、育児、手芸となんでもやります。(人並みだと思われる)

他の記事も読む

関連するキーワード一覧