2017年6月3日

忘れ物ない?楽しい夏フェスを快適に過ごすための必需品リスト

これから夏にかけてフェスに出かける人も多いと思いますが、いざ現地についてから「あれがあれば良かった!」と後悔しないように、必要な持ち物はチェックしておきたいですよね。

今回は、夏フェスの必需品をご紹介します。絶対必要なものから、あると便利なものまで。完璧に楽しい夏フェスにするために、ご参考ください!

▼全身脱毛33カ所 ⇒今だけ初月0円!!!▼
キャンペーンバナー

1、絶対必要なもの

忘れては困る!必ず準備しておきたいものリストです。とりあえず現金さえあれば現地調達できるものと違って、絶対持ち歩かなければなりません。盗難にも注意です。

〇貴重品類(常に身につけておこう)

まずは現金とフェスのチケット。これだけは絶対必要です。何が何でも無くさないようにしましょう。そして携帯電話。誰かと連絡をとる以外にも、迷ってしまった時に地図を検索するなど、持っていないと不便です。

ちなみに、現地では「カード払い」ができない場合が多いです。近くにATMが見当たらない可能性もあります。きちんと現金を持ち歩くようにしましょう。

また、身分を証明できる免許証や、何かあった時のために必要な保険証なども持ち歩きましょう。できれば濡れないように、ビニールのファイル(100円ショップでも売っています)などにまとめておくといいでしょう。くれぐれも、肌身離さず!

〇衛生用品類(カバンの隅にあると安心)

突然の月経にも対応できるように、予定はなくても生理用ナプキンは持ち歩きましょう。もし困っている人がいたらあげることもできますよね。ハンカチ(タオル)・ティッシュはもちろん、ウエットティッシュ(除菌タイプ)もあると便利。

絆創膏も忍ばせておきましょう。私は小さな爪切りも持っていきます。意外と助かるのが、汗ふきシート。フェスは基本、熱く盛り上がるので、汗でベタベタ。汗ふきシートでさらさら快適になると気持ちいいです。

ゴミ袋もあると便利です。地面に座るときはレジャーシートの代わりになりますし(しっかりしたレジャーシートもあると便利)、雨が降ったら簡易の合羽になります。ゴミを捨てるときにも使えます。汚れたら捨てて帰ってきましょう。

また、必要な人は目薬や、虫除けスプレー、扇子(うちわ)なども持っていきましょう。空っぽのジップロックを数枚持っておくと、バッグが汗や雨で濡れてしまったときに、濡らしたくないものを守ることができます。

日焼け止めは言わずもがなですが、最近は便利なスプレータイプのものがあります。屋外で化粧直しができないときでも日焼け対策だけはしたいので、スプレータイプがおすすめです。

〇衣類・雨具類

泊まりであってもなくても、替えの衣類があると便利です。現地でTシャツを買うからいいや!という人もいると思いますが、下着は一式持ち歩くようにすると無難です。雨が降ったら全部着替えなければならないでしょうし、暑くて汗をかいた場合も想定しておきましょう。

着替えは基本、大きめの衣類圧縮袋に入れてコンパクトにしておきましょう。雨具も、合羽や折りたたみ傘など、使いやすいものを持っていきましょう。

2、飲み物・軽食

飲み物や軽食は、必要以上に持ち歩く必要はありません。荷物になりますし、食べ物は現地で美味しいものが販売されています。

現地に到着するまでの軽食は、コンパクトなものや、食べきれるサイズのものにしましょう。また、自宅から持っていく場合、凍らせたペットボトル(スポーツドリンクなど)にタオルを巻いて持っていくと、炎天下での夏フェスで重宝します。

3、あると便利なもの

最近は野外フェスが多いですが、野外フェスは天候が読めず、晴れると嬉しいですがとても暑いです。そのため、暑さ対策グッズがあるととても便利です。

〇100円ショップの暑さ対策グッズ

その日限りで使って捨ててもいいように、100円ショップで暑さ対策グッズを購入すると便利です。まず、冷えた飲み物がすぐぬるくなってしまうので、折りたたみのクーラボックスが便利。内側が銀色になっているやつです。あれがあると冷えを逃しません。

また、ドラッグストアなどでも購入できる「叩くと冷たくなる冷却剤」や、スプレータイプの冷却剤があると、熱中症対策になります。

〇その他の便利グッズ

やっぱりあると便利なのが、スマホのバッテリー。夏フェスは長丁場ですから、長時間に耐えられるやつがあると助かります。

車で移動する人は不要だと思いますが、遠征組の人の場合、行き帰りのバスや電車でリラックスすることも大事ですから、必要に応じてサンダル・スリッパ(靴を脱いでリラックス)や、エアピロー(寝るため)も持っていきましょう。

楽しい夏フェスを思いっきりエンジョイするためには、事前の準備は不可欠です。忘れ物がないようにしっかりチェックして出かけましょう!

夏フェスコーデはこちら→【コーデ特集】女子向け!夏フェスに着ていくおすすめ服装はコレ♡

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

福永知世(ふくながちせ)

福永知世(ふくながちせ)

1983年青森市生まれ。作家、フリーライター、デザイナー。一児の母。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧