2017年4月13日

もうすぐ「イースター」♪イースターを楽しむ方法

2017年のイースターはもうすぐ!4月16日の日曜日だとご存知ですか?毎年、キュートなタマゴや、うさぎのネイルを目にすることもあるでしょう。
イースターとは、キリスト教のイベント。キリストの復活をお祝いする祭日なんですよね。キリスト教圏ではクリスマスと同様に家族や友人、恋人で盛大にお祝いを行います。

日本でも昨今ではイースターのイベントを楽しむ傾向がありますよね。2017年こそは、イースターの気分を満喫してみませんか?

▼全身脱毛なら初月が安い【ラ・ヴォーグ】▼
新店舗

1. イースターって何?いつなの?

イエス・キリストの復活をお祝いする「イースター」。日本では訳して「復活祭」とも呼ばれていますね。実は、イースターの日付は毎年変わります。春分の日から最初の満月から数えた最初の日曜日がイースターです。では、イースターでは何をするのでしょうか。名前位は知っていても、何をして楽しむべきかわからないという人も多いことでしょう。

2. 卵を使ってパーティーをしよう!

イースターで大事にされているものが卵です。「イースターエッグ」を見たことはありますよね。卵を飾り付けて、友人や家族などとパーティーを行いましょう。卵料理を食べるのもよし、卵を使った様々な遊びも楽しいですよ♪
卵を家の中に隠して、探し当てるゲーム「エッグッハント」や、卵をスプーンに乗せて運ぶ「エッグレース」、卵を割らないように転がす「エッグロール」は有名な遊びです。イースターではホームパーティーを開催し、卵を使った遊びをすると楽しいですよね。

3.イースターエッグを手作りしてみよう!

Sat0riyさん(@sat0riy)がシェアした投稿

イースターエッグは、白い鶏卵に絵の具などで様々なペインをするだけで出来上がりますよ。割れないようにゆで卵などを使うようにしましょう。また、チョコレートを卵形で作るのもポピュラーな方法。海外などでは、エッグ型のチョコレートに指輪を入れてプロポーズ♡なんてこともあるようです。イースターでのプロポーズもロマンティックですよね♡作った、卵の飾りやおやつなどは、ホームパーティーで交換するのもならわしです。簡単で可愛いイースターエッグを手作りしてイースターを楽しみましょう。もちろん、イースターの季節には雑貨屋さんなどで可愛いイースターエッグが手に入ります。手作りが苦手な人は、市販品でも十分にイースターの気分を満喫できますよ。

4.イースターにはうさぎのネイルで指先をキュートに♡

イースターで卵と同様に大事にされているのがうさぎです。うさぎは多産で生命の象徴だから。実は、イースターエッグを産んだのはうさぎだったという伝説があります。そのため、イースターでは卵とうさぎがセットで飾られているんですね!イースターには、指先にうさぎを乗せて気分を盛り上げてみてはいかがでしょうか。

4-1. さりげないうさ耳とファランジリングが可愛い!

白いうさ耳はネイルにしてもさりげなくキュート♡ベースを透明にすると涼しげなうさ耳のネイルになりますよね。ファランジリングで上品なキュートさも演出しちゃいましょう。

4-2. ピンクペースでデコラティブなうさ耳ネイル

m a y uさん(@chimu1202)がシェアした投稿

うさ耳のキュートさを引き立たせるには、デコラティブなネイルはおすすめです。ベースはピンクでイースター気分を盛り上げちゃいましょう。

4-3. イースターエッグとうさ耳の春ネイル

イースターエッグからうさ耳が3Dネイルでデコってありますね。とってもキュート。春らしく、うさ耳以外は桜ネイルなのもポイントが高いです。春ネイルに取り入れてみては?

4-4. キャラもののペイントネイルもイースターに♡

ミスバニーなどのキャラクターのうさぎペイントネイルもイースターにはいいですよね。普段痛ネイルになりがちなものも可愛く決まるのは、イースターならでは。

4-5. ピンクとホワイトのシンプルネイルもイースターでは映える!

白とピンクだけでも、キュートなイースターうさ耳ネイルになりますよね。うさ耳を3Dにしていることがポイントです!ドットもジェルで盛り上げているので、ポップなキュートさも引き立ちます。

5.イースターでは料理も楽しめちゃう!

イースターでは卵料理が定番です。ゆで卵にはハムやかまぼこなどでうさ耳をつけるだけでも、可愛いパーティー料理になりますよ!今年こそは楽しんでみてはいかがですか?

Shioriさん(@4ori0716)がシェアした投稿

彩りもきれいにデコれば、とってもキュートなパーティー料理に。小さな子どもでも喜びそうなメニューですよね。うずらの卵も使っちゃいましょう!

2017年のイースターの楽しみ方は思いつきましたか?ハロウィンのような派手さはないかもしれませんが、だからこそ、ほっこりできるようなパーティーを楽しめそうですよね。ぜひ、家族や友人、恋人と一緒にイースターを楽しんでみてくださいね!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

angel1

angel1

3人の子供の母です。元ネットワークエンジニアで現在では、育児をしながらライティングのお仕事をしています。恋愛や夫婦関係、育児、ファッション関係のコラム記事が得意です。自身の経験で得意分野のコラムを書いていきたいと思います。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧