2016年9月26日

デートで好印象!気遣いのできる女になれる5つのこと!

クリスマスも近くなってきて、特別なデートに誘われた女性も多いこの時期。

初めての彼氏も、すでに何年も付き合ってる彼氏でも、ずっと新鮮な気持ちでいたいですよね。

そこで、デートで好印象を与えることができる気遣いのできる女になるための
5つのポイントを紹介していきます。

▼今だけ初月0円!!全身脱毛するならキレイモ♪▼
通常

1.相手の話をしっかり聴く!

pixta_13249087_m

彼が時間を開けてくれてできた2人きりの時間なので、相手の話をしっかり聴くことが当たり前!
彼が一生懸命話をしているのに、スマホの画面をずっと見ていたり返事が素っ気なかったりすると
自分の話に興味を示してくれていないのかなと彼が思ってしまう原因にも。

興味がない話や、難しくて理解できない話をしている場合は、適当に相槌を打つのではなく
素直に疑問に思ったことをきいたり、話がわかる範囲で返事をするのがマストです。

また、話いる間は相手の目をしっかり見て頷くだけでも話を聞いてくれてるんだなと
相手によい印象を与えることができます。慣れてきてしまうと、ついスマホに夢中になってしまったり
話を適当に聴いたりと意外にできていない女性は多いです。不信感を与える場合もあるので注意が必要です。

2.奢ってもらって当たり前はNO!感謝の気持ちを持つ

tsu73_cakejyosi15143657_tp_v

デートでは食事に出かけてお会計で、彼がお金を出してくれる場面が多いはず。
お会計の場所で財布を出して、時には自分の分だけでも支払うようにしましょう。

また彼が、「いいよ」といって出してくれた場合には他の場面でジュースを奢ってあげたり、
小さなお菓子をプレゼントしたりと感謝の気持ちを返すようにすると好印象です。

奢ってもらうのが「当たり前」の習慣にならないように。

3.清潔感を忘れない!

pixta_21001167_m

ふとした時に見えるカバンの中や、財布の中は常に綺麗にしておくことが鉄則。
カバンの中が汚くなっていると、彼に嫌な印象を与えてしまいます。
ゴミや、レシートなどはかさばってしまうものはサッと捨てておきましょう。

デートによってカバンの中身をしっかり整えておくのがおすすめです。
彼が手を洗ったあとにサッとハンカチを出すことが出来る女性はいつの時代も関心しますよね。
絆創膏や、ウェットティッシュなどもアウトドアデートの時には便利です。

4.相手の気持ちを考えること

pixta_22874107_m

言い合いになってしまったり、空気が悪くなってしまった時はつい感情的に発言をしてしまうものです。
感情的になって、相手を傷つけてしまわないように少し置いて自分が言われたら嫌だなと感じることは、
発言しないようにしましょう。相手の気持ちを常に考えることが大事です。

また、口では機嫌がよさそうでも表情に出ている場合もあるので彼の表情をしっかり見て発言することが大事です。
何かをする場合は、すべて自分がされたら…ということに置き換えるとトラブルになりにくいです。
数年付き合った彼でもたった一言で別れにつながってしまうこともあります。

親しき仲にも礼儀ありです。

5.お洒落を忘れない!

pixta_23808249_m

彼は、常に彼女には綺麗な女性でいて欲しいはず。
綺麗な彼女を連れて歩きたいと思っている男性も多いですし、デートの途中に、友だちに遭遇することもあります。
またデートの回数を重ねると同じコーデをすることもあるかと思いますが、バッグを変えたり
ヘアアレンジを加えたりと前回のコーデに変化を与えるとマンネリ化せずにすみます。

食事を終えた際には、お手洗いでさっとリップを直したり歯をチェックしたりと身だしなみにも気をつけましょう。
逆にお部屋デートの場合は、部屋着でもすっぴんはNG。ナチュラルなメイクをしておくと、
いつもと違う自分をアピールすることもできます。彼には常に可愛いと思って欲しいですよね。

いつもの行動にちょっと気をつけるだけで、男性からは印象をよくすることができます。
同性の友だちと遊ぶ場合や片思いの相手と出かける際にも気をつけてみてください♪

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

松島

松島

お洒落とメイクが大好きな20代女子です。コスメやダイエットなど女の子が気になる情報を中心に発信していきたいと思っています。女の子の綺麗になるお手伝いができれば嬉しいです。

他の記事も読む

関連するキーワード一覧