2016年6月22日

【無料で使える】これがあれば安心☆防災アプリ7選♪

梅雨に入り、じめじめした毎日が続いていますね。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
何があるかわからない昨今、急な雷雨や土砂災害などに注意が必要だとは思いますが、なかなか意識できないものです。
スマホのアプリで、防災意識を高めるために7つ、アプリを選んでみました。
ぜひ参考にしてください。


Yahoo!防災速報

緊急速報

様々な災害を網羅できるのがこちらにアプリ。
これからの時期、気になる豪雨や熱中症などの情報がプッシュ通知で届きます。
通知が着すぎて嫌だという場合は、プッシュ通知する情報の選択も可能です。
雨が多い時期に30㎜/hで通知されては…というときは降雨量の選択もできます。
ちなみに、降雨量は
80mm/h 猛烈な雨
50mm/h 滝のような雨
30mm/h バケツをひっくり返したような雨
20mm/h 土砂降り
の4つから選択できます。

iPhone:https://itunes.apple.com/jp/app/yahoo!-fang-zai-su-bao/id481914139?mt=8
android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.android.emg&hl=ja

LINE Tools

LINE

便利な機能が目白押し!のアプリがこちら。
たまにほしくなる、定規や分度器、水平計などはもちろん、単位変換や計算機、ストップウォッチ、懐中電灯など必ずあなたの役に立つツールがあると思います。
一部の端末しか使えませんが、パスタメジャーが一押しです。

iPhone:https://itunes.apple.com/jp/app/line-tools/id580412648?mt=8
android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver.linetools&hl=ja

i緊急装置

i緊急装置

緊急時、すぐに助けを呼びたい!命の危機を知らせたい、
こういった状況は起こらないほうが良いですが、万が一のために入れておくと良いのがこのアプリ。
あらかじめ緊急時にかけたい電話番号やメールアドレス、メールの内容、ツイッターアカウントをお持ちの方はツイッターでの救助要請の情報などを入力しておけば、あとは緊急時にアプリを開く→タップするだけで、電話を掛けたりメールをすることが可能です。
ブザーもついているので、防犯ブザー代わりに使うこともできます。

iPhone:https://itunes.apple.com/jp/app/i-jin-ji-zhuang-zhi/id366008012?mt=8
android:なし

トラブルch

トラブルch

損保ジャパン日本興亜さんが作られたアプリですが、保険の契約者でなくても使用できるアプリです。
様々なトラブルに対する解決策が書かれているので、結構便利なアプリですよ。
勿論、保険の契約者の方にはもっと便利だと思います。
トラブル解決法に載っているジャンルは多岐にわたり、応急処置から海外でパスポートをなくしたときの対処法まで載っています。
保険の契約者の場合は、アプリから事故連絡や保険金請求ができるようです。

iPhone:https://itunes.apple.com/jp/app/toraburuch/id447546627?mt=8
android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.japanda_ch.trouble.android&hl=ja

LED 懐中電灯 HD

LED懐中電灯

懐中電灯アプリの中でおすすめがこちらです。
上のLINE toolでも懐中電灯はありますが、こちらのアプリでは点滅させたり、スクリーンを光源として選択できます。
またスクリーン光源は様々な色を選ぶことができるので赤にしたり青にしたり、気分に応じて色を変えて楽しむのもよいかもしれません。
アプリを起動したらすぐに使えるのもよい点です。

iPhone:https://itunes.apple.com/jp/app/led-huai-zhong-dian-deng-hd/id384134949?mt=8
android:https://play.google.com/store/apps/details?id=ch.smalltech.ledflashlight.free&hl=ja

一般救護者用災害時高齢者医療マニュアル

高齢者マニュアル

災害時において、高齢者や子供は弱者です。
子供は比較的、庇護の対象になりますが高齢者はなかなかそうはいかないのが現状で、被災し、避難所などで生活していると、様々な健康の問題が生じてきます。
それらを未然に防ぐ、または悪化させないためにこういったアプリでお勉強するのもよいのではないでしょうか。
避難所での高齢者の重篤な疾患の特徴や予防法、高齢者の急性疾患の症候や注意を要する症状など、普段の生活にも使えそうな情報が網羅されています。周りにいて、少し気を配るだけで手助けできることがあるかもしれません。

iPhone:https://itunes.apple.com/jp/app/yi-ban-jiu-hu-zhe-yong-zai/id434573392?mt=8
android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.kgc.android.oneswingviewer.WJGSM001G&hl=ja

見える地震

見える地震

日本は地震が多い国ですが、実際にこのアプリで見るとその多さに驚愕するはずです。
最新の地震から過去2年間で発生した大きな地震、1900年以降の主要な地震を見ることができます。
実際に見てみると本当に日本って地震多いですね。
自分の家の近くで、小さいながらも最近地震があったんだな、とかこの辺り頻発しているな、とか感じることができました。

iPhone:https://itunes.apple.com/jp/app/jianeru-de-zhen/id432766219?mt=8
android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nauflex.earthquakeview&hl=ja

いかがでしたでしょうか?
防災アプリ、役に立ちそうなものは見つかりましたでしょうか?
今回紹介した7つは、どれをとっても素敵なアプリです。
ぜひインストールしてみてください。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

NS

NS

紹介;4歳の娘がいるアラサーです。 最近の悩みは太ってきたこと。 そりゃ夜中にポテトチップス食べてたら太りますよね~ ということで、関心はもっぱら「楽して痩せる!」 記事書きながら痩せることを目標に頑張ります。 あとは、家事、育児、手芸となんでもやります。(人並みだと思われる)

他の記事も読む

関連するキーワード一覧