2015年11月23日

女性特有の悩みにおすすめ!「アロマオイル」の活用法

NS

女性特有の悩みというのは本当に多いですね。

月経に関わることが多いのですが、閉経間際、「更年期」と呼ばれる時期は特に悩みが増える時期だと思います。

そんな女性の悩みに効く、アロマオイルについてご紹介します。

アロマオイルって?

c5f31872bd8e677d766719940cf886de_s

本来はエッセンシャルオイルと呼ばれるハーブなどの成分を抽出した揮発性の油のことです。
エッセンシャルオイルとして売られているものは純度100%のものが好ましいですのでそのように表記されているものを
選ばれることをおすすめします。

<<注意点>>

使う前に注意してほしいことがいくつか有ります。

まず、そのまま飲まないこと。

腎臓、肝臓に重大なダメージを与える可能性があります。

そして、直接原液を肌につけないこと。

瓶からそのまま肌につけては絶対にいけません。
ホホバオイルなどで1%以下に希釈が必要です。

妊娠中、授乳中、子供に注意してください。
物によっては危険になることも有ります。

お悩み事のオススメアロマオイル

721a28a3f5cecac96578d27dc2df27dd_sあ~苛々する」生理前の苛々や、更年期の苛々にオススメなのが、

ラベンダー』、『カモミール』、『ローズ』、『ローズウッド』などの香りです。
お香で人気のサンダルウッドなども苛々に効果のあるアロマオイルです。

失敗で凹み中…」気分の落ち込みには、

マンダリン』や「ベルガモット』などの柑橘系の香りです。
リラックスやリフレッシュの効果がありますので新たな気持で、一日の初めに使うのがいいかもしれません。

体が痛い」腰痛などの時は、

ローズマリー』がおすすめです。

ローズマリーには拍動を早くさせる効果がありますので血流が増え、冷えによる腰痛などの場合は痛みが緩和されるかもしれません。

体がほてる」更年期特有のほてりには、

ペパーミント』の香りがいいです。

一度体を温めますがその後冷やし、爽快感をもたらす効果があります。
風邪などにも効果があるそうなので体調が悪い時にも使えるアロマオイルです。

アロマオイルの使い方は?

5b9b08a258eeb489c8fe802c86539155_sアロマディフューザなどで、空間に漂わせる方法が一般的によく行われていると思います。

また冷えなどにはお風呂に温めのお湯を張り5滴ほどアロマオイルを垂らして浸るアロマバスもおすすめです。
とてもリラックスできますのでかなり効果が見込めます。

お風呂にじっくり入る時間がない場合は洗面器などにお湯を張り手や足を浸すことも効果があります。

アロマオイルにホホバオイルなどを混ぜて使えばアロママッサージもできます。
高級なサロンの気分をお家で味わえておすすめです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

アロマオイルって本当にたくさんの種類がありますがご自分の好きな香りで、いい効果のものを選んで、いくつか家においておくととてもいいと思います。

お試しくださいね。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

Twitter で

この記事を書いた人

NS

NS

紹介;4歳の娘がいるアラサーです。 最近の悩みは太ってきたこと。 そりゃ夜中にポテトチップス食べてたら太りますよね~ ということで、関心はもっぱら「楽して痩せる!」 記事書きながら痩せることを目標に頑張ります。 あとは、家事、育児、手芸となんでもやります。(人並みだと思われる)

他の記事も読む

関連するキーワード一覧